【裏幻想資料】

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これは "表現想" の裏側にある現実から忘れ去られた者達が住む "裏幻想" について纏めた資料である。

忘れ去られた者の理想郷 "裏幻想" ――その世界は人間や妖怪、幽霊や神といった種族様々な者達が暮らしている。
その世界は町並みは中世や和風が多いが技術は表世界以上である。

『表世界の人間』

時空が歪み一時的に表世界と繋がる "時空の歪み" 大きさは様々で何処に繋がるかは分からないがその歪みの穴を通って裏世界に表世界の人間がやってくることがある。
誰かに助けてもらえれば幸いだが多くの場合そのまま死ぬことになる。
だが稀に能力が覚醒する人間もいる。
この現象はいわゆる神隠しと呼ばれる現象だ。

『世界観』

色々とごちゃ混ぜで中世な雰囲気や和風な雰囲気もあれば現代風な雰囲気もあり技術は表世界よりも進んでる。(車などの乗り物はない、というか必要ない)
携帯やパソコンなども普通にありしかも安い。
基本的に裕福でこの世界の貧乏の定義は表世界の普通家庭。
生物も色々いて、表世界には存在しない所謂想像上の生物も普通にいる。

『裏幻想の色々』


『裏幻想でのあらゆるものの解釈』