ミニゲーム


デュエル大会


会話

ミニゲーム形式になっていて、成功すれば信頼度が上昇する。
会話の回数はそれぞれ最大5回。残り回数がなくなった項目はそれ以上選択できない。
雑賀から情報を買っていれば残り回数が☆で表示されるようになる。

残り回数は1日ごとに機嫌が(・・・)なら1回、(音符)なら2回、(ハート)なら3回ずつ回復する。
また、アイテムをプレゼントすることでも好みに応じた回数分だけ回復する。
機嫌をハートにしてから限界まで会話→プレゼントで回復、を繰り返すと信頼度を一気に溜められる。

どの項目も5問連続正解でレベルアップする。
Lv1~5まであり、Lv5を5問連続正解するか1度でも失敗したらLv1に戻る。
制限時間は相手の機嫌が良いと長くなり、悪いと短くなる。

カードの話

前シリーズにあった筆記テストとほぼ同じ。2択から3択に変わって難易度がやや増。
最初はカード名だけだが、Lvが上がるとアイコン・フレーム・レベル・属性・種族・攻撃力・守備力が加わる。
制限時間を経過しても失敗にはならないが、残り時間によって信頼度上昇量が変わるので早く答えた方がいい。

数字の話

チューナー・チューナー以外・シンクロモンスターを組み合わせてシンクロ召喚を成功させる。
Lvが上がると選択する枚数が増えていく。
同じカードを2枚以上選択することも可能。最後のカード選択前なら×で取り消せる。
素材指定はなく、チューナーか否かと星の数のみで答えが決まる。
基本は効果モンスターがチューナー、バニラがチューナー以外となっているが、A・マインドのみバニラチューナーである。
チューナーは数字が黄色で表示されるので、画面をよく見て間違えないように。
なお、正解の組み合わせが1つだけとは限らない。
通常のシンクロと同様、シンクロモンスターも素材に使うことができる。(が、それをしないと解けない問題というのは無い)
制限時間を経過しても失敗にはならないが、残り時間によって信頼度上昇量が変わるので早く答えた方がいい。

相手の話

9つの言葉のうち3つをあみだでつないで文章として成り立つようにする。
各段の間には最大2本まで横線を引くことができ、Lvが上がると最初から横線が引かれた状態で開始される。
1本目に引く横線は上、2本目に引く横線は下、Lvで自動追加される横線は中央で固定。
取り消しはできないので、線を引く位置と順番をよく考える必要がある。
×ボタンで制限時間前でも答え合わせに移れる。答え合わせ中に×ボタンで速度が速くなる。

多少つながりが不自然でも意味が通ればいい。
3つ全て正解なら信頼度上昇大、2つ正解なら信頼度上昇小。
文章の推敲と線を引く作業を制限時間内に終える必要があるので他の2つより難易度が高め。
相手の機嫌が悪くて制限時間が短い場合は極端に難しくなるので諦めるのも1つの方法。

アイテムターミナル

シティ繁華街にある赤い色の自動販売機。
所持アイテム数が12個以下なら200DPでアイテムを購入できる。
通常は3つのうち1つを選択して入手するが、同じ色かマークが3つ揃った時は3つ全て手に入る。
DP支払い時から△ボタンを連打して止めると水色のプロテクターマークが揃いやすい。

ショップで使ったDPが10万を超える度にレアフィギュアが1体ずつ必ず当たる。
それを胡桃沢に渡すことで特典が得られる。(詳細はランダムイベント)

MCを探せ!

マップのどこかに現れるMCに話しかけると5つの箱から1つ選んで中身を入手できる。
2000DP・1000DP・500DP・封入率操作カードパック×2・フィギュア以外のアイテム・信頼度200、からランダム。
所持アイテム数が15個の場合アイテムは出ない。

パートナーを決定した場合と、時間帯が変化(朝昼→夕→夜)した場合に移動する。

1日1回しかできないが、直前にセーブしておくことで何度でも挑戦可能。