※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

更新日:2012-12-05

簡易チェック


防災基本装備

最低限持っておいた方がいいもの



盲点になりがちなこと


持ち物編

  • 携帯の予備電池
携帯会社のショップに行き、予備の電池を買うといいです。
フル充電の予備電池を持っておけば、電池が切れた場合にもすぐ携帯が使えるようになります。
充電器の所持も大切ですが、予備電池もあると緊急時にとても有効です。

注意:フル充電して持っていても、使っていなくても、電池は放電してなくっていきます。気をつけましょう。

  • ガラス窓
カーテンの取り付けや、保護フィルムを貼りましょう。震災などでガラスが割れた場合の飛散防止になります。

  • ラジオ
最近はラジオを持っている人が減りましたが、災害時は大切な情報源です。


危険防止編

  • 一酸化炭素中毒
締め切った室内や車内、火鉢などの暖房器具を使う場合、一酸化炭素中毒に気をつけなくてはいけません。
外が寒くても、しっかりと換気をしましょう。
もし気持ち悪くなったら、すぐ換気!!