旅行部(海外班)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

皆で現地グルメや風景の写真、感想や豆知識などを貼ろう!
自分が行った国の欄が無ければ、どんどん追加しよう!



★★ 台湾 ★★

台湾グルメの定番、まずは排骨炒飯(パイクーチャーハン)。
豚のスペアリブを揚げたものを、単独でも旨い炒飯の上にトッピング。ワンタンスープも添えて。
ちなみに排骨を白飯に載せた「排骨飯」、麺の上に載せた「排骨麺」も一般的。

デザートの定番、マンゴーかき氷。
日本のかき氷と違うのは、氷そのものにマンゴー味がついてるところ。
それを削って、さらにマンゴーシロップをかけて、さらにマンゴー果実を載せる。
糖尿まっしぐら。

台北から列車とバスで一時間半、九フンの風情ある石段。
昔はたった9世帯しか住んでおらず、里に何かを買い出しに行くときには必ず9世帯分まとめて買ったことが、街の名の由来。

九フンにある茶芸館「阿妹茶樓(あめおちゃ)」。
宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」の湯婆婆の湯屋のモデルになった建物。
提灯に灯が入る夜は幻想的。

阿妹茶樓で飲める凍頂烏龍茶とお茶菓子のセット。
300TWD(約1000円)。お茶は無料でお代わり可。

阿妹茶樓の窓からまったりと眺める日没。
まるで時間が止まったよう。

九フンのさらに東にある、十分。
街の真ん中を線路が通っているが、柵も何も無く皆線路の上に座ったり寝たりしてる。

これも台湾B級グルメの定番、胡椒餅。
胡椒を大量に練り込んだ豚挽肉を小麦粉の生地で包み、カリッと焼いたもの。
胡椒のパンチが効いていて、異様に旨い。ビールにも合う。
士林夜市などで購入可。1個40-50TWDくらい。

原宿と秋葉原が一緒になったような街、西門。
そこにそびえ立つヲタビル・萬年商業大樓。

萬年商業大樓には数多のフィギュア屋や本屋が。
しかし台湾でドアラのフィギュアって、需要あるのか?

英霊を祭った忠烈祠では、毎正時に衛兵交代式が見られる。
毎日寸分の狂いもなく同じところを行進するので、石畳にスジがついてる。



★★ エジプト ★★

ギザのピラミッド。日本で言えば東京タワーとかスカイツリーみたいな感じ。街のレストランからも見える。

スフィンクスの周りには柵がないので、写真に夢中になっていると落ちる。危ない!

考古学博物館。ゆっくりしていったら3日はかかる。一週間くらいかけてじっくりみたい。

アブシンベル神殿。興奮しすぎて変な汁が出そうだった。

もういっちょアブシンベル神殿。ここには一泊して、夜のショーと朝焼けを見て欲しい。


★★ イタリア ★★

みんな大好きカプレーゼ。人気漫画にも登場した、チーズがトマトを、トマトがチーズを引き立てる逸品。
オリーブオイルがかかっているけれど、好みで塩や白ワインビネガー、追いオリーブオイル等で食べる。

お店のお勧め、前菜の盛合せ。生ハム、サラミ、ドライトマト、オリーブ。チーズはモッツァレラとリコッタ。

マルゲリータ。トマトソースとバジル、モッツァレラチーズのシンプルなピザ。生地のまわりが厚めなのがナポリ風。これで400円くらい。

同じくマルゲリータでも、生地が薄いのがローマ風。もっとパリパリなクリスピータイプもあり。

ブルスケッタ。ナイフでギコギコ切って食べる。

ラビオリ。中身はリコッタチーズにバジル等を混ぜたもの。おろしたパルミジャーノを沢山かけて食べる。

ボンゴレは浅利だけでなくムール貝が入っている店もある。二枚貝を使用するらしい。

トマトソースと魚介のペスカトーレ。豪華!

日本でもちょっと流行ったパンナコッタ。残念ながら日本では現地の味を再現出来なかったようです。ティラミスよりも美味し!

ジェラート。映画「ローマの休日」にて、スペイン広場でオードリーヘプバーンが食べていましたが、スペイン広場は飲食禁止になりました。(2012.09.12現在)

カプチーノ。食後に飲む。朝、クロワッサンと一緒に飲むと海外に来た自分に酔える。

食事の〆はエスプレッソ。これが最高に美味しい。


★★ タイ ★★

タイの定番シンハビールにグリーンカレー、タイ風揚げ餃子。
「シンハ」とはトレードマークであるライオンのこと。
ちなみにタイでもうひとつ有名なビールである「チャーンは」、同じくトレードマークである象さんの意。

タイの小売店では、アルコール類の販売は指定時間帯以外は法律で禁止されている。
店で仕入れてホテルに持ち帰って飲もうと思っている人は、注意しよう!

チェンマイにあるワット・スアンドーク(花園の寺)。
歴代王族の遺骨が納められている白亜の仏塔が美しい。
タイの続きは旅行部 (海外班) タイ


★★ マカオ ★★

異形の建造物がそびえ立つ魔都・澳門(マカオ)。

今マカオで大人気のマカオ風おでん。
好きなネタを勝手にザルに取っておばちゃんに渡すと、ダシで数分煮込んで、最後にお好みでスパイシーソースとかを掛けてくれる。
ネタは日本円で1本数十円くらい。

ポルトガル料理と中華料理が融合した、マカオ料理。
その代表格・蟹のカレー炒め。

マカオの観光名所・聖パウロ天主堂跡。
前から見ると普通の建物に見えるが、実は1835年の火災で焼け落ちて、今は壁一枚だけで建っている。
つまり演劇の背景で使う「書き割り」状態。風でぱたんと倒れないように、裏から後付けの鉄骨で支えている。


★★ 中国 ★★

日本では中国のビールといえば青島が有名だが、現地ではこの雪花もメジャー。
色も味もクリア。

豪華な中華料理の数々。

中国を代表する観光地のひとつである、西湖。
周囲数㌔の湖の周りは遊歩道になっていて、美しい景色などが楽しめる。
虎退治でおなじみの水滸伝の人気キャラ・武松の墓もある。
さっきNHK見てたら、2011年に世界遺産に登録されたとローラ・チャンが言ってた。彼女の実家もこの近くらしい。

夜になると数多くの屋台が出現する、楽しい夜市。
日本のように規制も何も無いから、上空に向ければ普通に雲の下面にまで届く強力なレーザーポインターとかが売られている。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル