可哀そうに、船長は眼を上げると


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

可哀そうに、船長は眼を上げると、一目でラムの気けがなくなり、まったく酔いが醒めてしまった。その顔の表情といったら、恐怖というよりもむしろ死病の表情であった。彼は立ち上ろうとしたが、しかし、それだけの力も体に残っていたとは私には思えない。
「さあ、ビル、そのままで坐ってろよ。」と乞食が言った。「眼は見えなくても、耳は指一本動かしたってわかるんだ。用事は用事さ。お前めえの右の手を出してくんな。小僧、奴の右手の手頸を掴んで、俺の右手の近くへ持って来い。」
私たちは二人とも寸分違わず盲人の言う通りにした。と、私は、盲人が杖を持っている手の掌中から、船長の掌の中へ、何かを渡したのを見た。船長は直ちにそれを握った。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。