※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幸福の科学発足記念座談会(1986年11月23日)


関谷晧元「虚業教団」より抜粋。


  • 「いよいよ会として、第一回の会合を開くときがきた。『幸福の科学発足記念座談会』がおこなわれたのは、この年の十一月二十三日である」
  • 「私は大川と中原をクルマに乗せて会場へ向かった。不慣れな道のために、予定時間を少しオーバーして到着した。はじめての会合を前にして、大川は不安だったようだ。テープに霊言を吹き込むことはあっても、大勢を前にして話す経験はなかったから当然だろう。気持ちを落ち着けたいという大川の提案で、三人は喫茶店で一服してからビルの四階にあるヨガ教室へ上がった』
  • 「まず司会役の中原が登場し、開会の挨拶をした。彼女はかなり緊張し、アガっているように見えた。最初は言葉もしどろもどろだった。しかし最大級の賛辞で大川を紹介することは忘れなかった。内容はもう覚えて一つだけ強く印象に残っている言葉がある『大川先生が誰の生まれ変わりか、いずれわかるときがくると思います』」
  • 「中原の紹介を受けて、大川本人が登壇した。いよいよ大川隆法先生の第一声。霊言集の偉大な霊能力者が何を語り出すかと、聴衆は固唾をのんだ。カメラを支える私の手も思わず力が入った。大川主宰は、しかしアガっていた。少なくとも私にはそう見えた。後に何千人、何万人を前にして堂々と演説する大川の姿ではなかった。話がどこか上滑りしている。誰も笑わないような冗談を言って、一人おかしがっている。『炎を見て、モーゼは炎を見て火事だと思うのですね。でも一一九番できないんですね。電話がないから……アッハ、ハ』」
  • 「人間ならアガりもするだろう。私はむしろ、そんな大川隆法に親しみをおぼえる。その日は、GLA教団の教祖である故・高橋信次の霊の指導を受けて講演すると、前もって聞いていた。生前の高橋信次の講演は、私もよくテープで聞いた。早口だが、張りのある高橋の声は、言霊(ことだま)と呼ぶにふさわしい威厳とパワーに満ちていた。テープで聞く高橋の早口を、大川はマネしているように聞こえた」
  • 「″おかしいな″と私は思った。″霊言を収録するときは、信次先生の魂が大川先生の肉体を自由に支配するのだから、ここでも、そうされたらいいのに。霊言と指導が違うなら、なにも信次先生のように早口になる必要はないと思うけれど……″心の中でこうつぶやいた。″やっぱり、大川先生ご自身のお考えで話されているのかな″」


名前:
コメント: