03話

第3話のほむらAA


マミのリボンで拘束される。 「待って…」

    ,':i:::::::::::l::::::::::::::::::::::;t::::::::|::::::::::|::::::::::l:::::::::::::::i
    :::!::::::::::l::::::i:::::::::::::/ l::::::::|::::::::::|:::::::::::!::::::::::::::i
    |:|::::::::::|::::::j:::::/|::/ !::::::ト、:::::!::::;:::::|:::::::::、:::|
    |:|::::::::::|:::/ |:/| l/  ';::::::| `、::ト、ハ;_」::::::::::::::|
    |:|::::::::::|::厂「`ト、,,_  \| _,,斗匕ヽト;:::::::::|ノ
    |:|:::::::::::メ z===-、`     ,-===x |:::::::::|
    |:|:::::::::::|  圦;;丿}      圦;;丿} i、:::::::|
    |::l:::::::::::l  ゝ―‐'      ゝ―‐'  !)}::::::| 
    |:::l:::::::::::l  ハ l ヽ   ,    ハ l ヽ レ'l::::::L_ 
    |,rl:::::::::人              丿 l::::::| ヽ
    i ヘ::::::::{ |>、    ´  `    ,イ   !:::::l   ',
   ,'  ヽ::::::l ┃ \>   _  < / ┃  |:::::l   \
  /   、ヽ::::l┃   \  `Y´  /  ┃  l:::::!     ヽ 
 {     ヽ|' ,:::f‐¬^¨ ̄ ̄{⌒{ ̄ ̄ ̄¨` 、!:::l        }
  ヽ     | \、     ⌒〉 |⌒      〉::l     /
  /::\    |   { \    ̄/ー\      /ノ'    /
 /::::::::::\  !  \    ノ|   \   /   } /

椅子の上の使い魔を踏む

                    ,....―..、
                   /:::::::::::::::.ヽ
         ,ヘn         !-===、::::::::!
        ィlj´ ' }'ト、    ./,イハ;、:,::;、::::.\    __  _
       ljリ -'::::l ヽ.、,.:´ lバ''. _''' 〕'::「/ ^'`ーv'´/::;'7ljjjj
           `く、  ` ,....ノl |`T´ l |::|/,-、  '´  {::::ー'
            `ー´::::::::::レ'´l` v'.l:l l::::::::`ー..‐ `´
             '''"ノ::;:::/ヽ ヽ  l: { \::(ヾ:::ヽ、.....,
              ''"'"'-'´ニノ .、|_  .!-_、 ヽ `'''''''''´
            ( (   {ソニ/   ,イ    .ト、 `lc
             {}   / / ヽ   l_ \ }}
                {,//// l  lヽ  l ヽ ノ7
               `-ヽ__/  l   l \l  _,-ノ)
                    l:::^:;'=、⊥/_,.ノ)`^´
                     !:::::::;::::::::/^´   ノノ
                     i::::::::;::::::::}
                   l::::::::l:::::::l
                 ハ:::::!l::::::l
                   }::::l.〉:::l

「魔法少女になるって、そういうことよ」 (服装はミスで制服に修正された)

         ,...<:_:_ヽ::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::---=、_}:::::::::::::::l::l:::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /:::i::::::l:::::::::、:`;:::::::::::::::l:|:::::::::::::::::::::::::::::`、
      /::::}:::::iト::::、::::ヽ|:::::::::::::::l|:::::::::::::::::::::::::::::::::l
      |::i::|l 、::l i 、:i::,r-|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::|:::::::::|
      |::|、|、,!..|イヽ{ヽ:|:::::::::::::::|::_::::::::|:::::::::::|:::::l:::|
      ヽ:{ |ヽヽィ7c'' |:::::::::::::::fヘ,i::::::l::::::::::::|::::;::|
       ヾ,   ヒク  |:::::::::l::::|>ノ|::::::l::::::::::::|::::::|
        ノ   ,,,,,  .|:::::::::l:::|彡:::::::::l:::::::::::l::::::|
       ヽ       .|::::::::l:::A:::::::::::::::l::::::::::|:::/
         、  ,...   .|:::::::::l:ハ::::::::::::::::|::::::::::Y
          `、 ´   |::::::::::/ ヽ:::::::::::::ヽ:::::::::ヽ
          |ヽ--r'´,/:::::::::/ ̄`ヽ::::::::::::::ヽ::::::::ヽ
          |:::l:::::| ||:::::::::/   >、::::::::::::ヽ:::::::ヽ
          |::::::/_,.ノl:::::::/,r= '´  //>―― 、::::ヽ
         ,r|::r'-'´-,|::::::/-`ー、 //´      \::ヽ
        / |::},. -イ/:::/--、__/ //         ヾヽ
       /  レ:::// l::::ィ | ||`ヽ//           >、ヽ
      {l  lレ'/ ク/,イ .| || //        ,.r '´,. -':::ヽ
      }`、,レ / /イ,ヘ | | ||//      ,. r'´ ..r'´ |:::::::::::::ヽ

「これは魔法少女のためのもの。貴女達には、触る資格なんてない」

               .....::::::::::──:::::..........
.             /:::::::::::::::::::/::::::::::____:::\
           /:::::::::::::::::::::::::;ィホ孑"⌒ ̄¨ミメヘ
          /::::::::::::::::::::::::::/:::::::/;ィ :::/ ::::::::!::::::::::':,
          ,'::::::::::::|:::::::::::::::| ::::/:/ |:::/ |::::::/|::::::::::::::::.
.          '::::::::::::::|:::::::::::::::|:::/:/ `|人|:;' |::ト;:::::::::: l
         | ::::::::::: |:::::::::::::::l/行テメ、 レ′ |;斗v::| :::|
         | ::::::::::: |:::::::::::::::| 弋 ソ     ィ=-j/| :::|
         | ::::::::;Ⅵ:::::::::::::::! ,,,,,,       ヒリ j:::::|
         l :::::八-|:::::::::::::::|         '  ,,,,,, ,::::::|
         |::::::::::::`|:::::::::::::::|     -‐ 、    ,:::::::|
         | ::::::::::: |:::::::::::::::|              ノ ::::::|
.          八:::::::::八::::::::::::::|> ..      .. <:::::::::::|
          / ::::::::::::::::∧:::::::::::|__  ≧y‐<:::::| ::::::::::::::|
       /::::::/⌒ヽ- ヘ:::::::::|  ̄テメx;;_ :::::/|:::::::::::::::|
.      /:::/       ∧:::::|  _  ||/:::::/ .| :::::::::::::!
      //           ∧:::|'⌒ \|||::::/  |:::::::::::::;
.    ノ"         !   Ⅵ    `マI⌒`゙|リ|:::::::/
    (──- ,,     |   `}    ,ム  ,ノ| | :::/
    /::\      \    |    |     / | ∨  | |::/
  /:::::::::::X      \ ノ    人  /| i|  Ⅵノ j∧
 /::::::::::::〈      ヽ/      `´  | i|  | i|/ \ヽ、
/::::::::::::::::::}    | 丿           | i|  | i|   i }

改変 キリッ

               .....::::::::::──:::::..........
.             /:::::::::::::::::::/::::::::::____:::\
           /:::::::::::::::::::::::::;ィホ孑"⌒ ̄¨ミメヘ   キリッ
          /::::::::::::::::::::::::::/:::::::/;ィ :::/ ::::::::!::::::::::':,
          ,'::::::::::::|:::::::::::::::| ::::/:/ |:::/ |::::::/|::::::::::::::::.
.          '::::::::::::::|:::::::::::::::|:::/:/ `|人|:;' |::ト;:::::::::: l  キュゥべえは宇宙人で、エントロピーの問題を解決するために
         | ::::::::::: |:::::::::::::::l/行テメ、 レ′ |;斗v::| :::|  地球の10代の少女の希望から絶望への相転移から生じるエネルギーを
         | ::::::::::: |:::::::::::::::| 弋 ソ     ィ=-j/| :::|  利用しようとしているの。エネルギーは形を変換するごとにロスが生じるから、
         | ::::::::;Ⅵ:::::::::::::::! ,,,,,,       ヒリ j:::::|  宇宙全体のエネルギーは目減りしていく一方なのよ。
         l :::::八-|:::::::::::::::|         '  ,,,,,, ,::::::|  だから奴らは熱力学の法則に縛られないエネルギーを探し求めてきた。
         |::::::::::::`|:::::::::::::::|     -‐ 、    ,:::::::|  そうして見つけたのが魔法少女の魔力なのよ。奴らの文明は知的生命体の感情を
         | ::::::::::: |:::::::::::::::|              ノ ::::::|  エネルギーに変換するテクノロジーを発明したんだけど
.          八:::::::::八::::::::::::::|> ..      .. <:::::::::::|  感情というものを持ち合わせていなかった奴らは
          / ::::::::::::::::∧:::::::::::|__  ≧y‐<:::::| ::::::::::::::|  宇宙のさまざまな一族を調査し、私たち人類を見出したのよ。
       /::::::/⌒ヽ- ヘ:::::::::|  ̄テメx;;_ :::::/|:::::::::::::::|

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。