世界観


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人の世

中世末期、安定した大国支配と交通の発達により、異国交流が深まりつつある時代。
そんな中で各地から未知なるものの情報も集まり、新たな発見に挑戦する冒険者稼業も発展している。

学問が幅を利かせるこの時代、人は自らの力で全てを成せると考えるようになり、神への信仰は失われた。

神の存在

神は人の信仰によって存在し、力を増すという。
逆に信仰を失えば弱り、存在が失われる。

信仰が忘れられた今の時代、多くの神は姿を消した。
僅かに残った神も、かつての信仰の証である依代に憑くことで存在を繋ぎ止めただけ…
依代という檻に鎖で繋がれた囚徒も同然の状態であった。