API > Math


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページでは Math API について解説する。

参考資料:
執筆時のバージョン:
  • ComputerCraft 1.41 for Minecraft 1.2.5




Math API

Lua標準ライブラリのmathと同等。詳しくはLuaのリファレンス等を参照。
Luaのmathライブラリは、C言語の数学関数を元としている。

      math.abs     math.acos    math.asin    math.atan    math.atan2
      math.ceil    math.cos     math.cosh    math.deg     math.exp
      math.floor   math.fmod    math.frexp   math.ldexp   math.log
      math.log10   math.max     math.min     math.modf    math.pow
      math.rad     math.random  math.randomseed           math.sin
      math.sinh    math.sqrt    math.tan     math.tanh

乱数

Luajの疑似乱数は内部的にjava.util.Randomクラスを利用している。
疑似乱数ジェネレータの仕様についてはJAVAのドキュメント等を参照。

  • math.randomseed( seed )
  • 整数seed(数値)を使って疑似乱数ジェネレータのシードを設定する
  • 戻り値:nil

  • math.random()
  • 0以上、1未満の実数の疑似乱数を返す
  • 戻り値:数値型(実数)

  • math.random( n )
  • 1以上、n(数値)以下の整数の疑似乱数を返す
  • 戻り値:数値型(整数)

  • math.random( l , u )
  • l(数値)以上、u(数値)以下の整数の疑似乱数を返す
  • 戻り値:数値型(整数)