カード能力解説 > おとぎ話シリーズ

アンデル コローデ ペローサ セシリー デューキス
レア度 ☆4~7
カードタイプ バランスタイプ・単体
スキル能力 自色以外の色ぷよをランダムで1種類自色ぷよにし、その後の盤面にチャンスぷよをn個生成
Lスキル能力 通常攻撃時のみ「かいふく」×攻撃した属性数×n倍で自属性のカードを回復
コスト量 中(12,18,26)
変身合成 ☆4→☆5:ぷよアイス ☆3、☆3、☆4、☆5、☆5
☆5→☆6:ぷよアイス ☆4、☆5、☆5、☆6、☆6

概要

2017/04/10からの宝石収集祭りの特攻ガチャにて登場。

ステータス



スキル

自色以外の色ぷよをランダムで1種類(☆7は2種類)自色ぷよにし、
その後の盤面にチャンスぷよをn個生成する。
☆4で1個、☆5で2個、☆6と☆7で3個生成。
発動条件は40個。

熱帯人魚シリーズが似たスキルを持っているが、
こちらはチャンスぷよ生成が連鎖の終了後であるため、生成したチャンスぷよはすべて残る。
生成されるチャンスぷよは全て自色ぷよである。

リーダースキル

通常攻撃時のみ「かいふく」×攻撃した属性数×n倍で自属性のカードを回復。
☆4で0.1倍、☆5で0.2倍、☆6で0.3倍。
☆6で攻撃した属性数が5色の場合、1.5倍の回復量となる。

デッキの属性数ではなく、「攻撃した属性数」であることに注意。
また、「5色で攻撃しても回復するのは自属性のみ」という点にも注意。

混色デッキが前提でありながら、回復するのは自属性のみというチグハグな内容となっている。
他にステータスも上がらないため、
王冠アルルアリィなどの自動回復リーダースキルの方が安定するであろう。
ただし、このシリーズと同じ属性(例:アンデルなら赤属性)かつ副属性持ちのカードを複数所持していれば起用する余地はあるか。

☆7では同属性の攻撃力と体力を2.5倍にする効果がついた。
攻撃、体力、回復を1枚で補えるカードと言えなくもない。

コンビネーション

各自で異なる。

デッキ考察



評価



備考



各カード詳細

アンデル
「ガールズ」「ボーイズ」「商人」「あっちっち」(☆6のみ)のコンビネーションに対応している。
元ネタはマッチ売りの少女と思われるが…。

コローデ
「ナゾ多き」のコンビネーションに対応している。
元ネタはピノキオと思われる。

ペローサ
「ガールズ」のコンビネーションに対応している。
元ネタは眠り姫と思われる。

セシリー
「ガールズ」のコンビネーションに対応している。
元ネタはヘンゼルとグレーテルと思われる。

デューキス
「ガールズ」のコンビネーションに対応している。
元ネタはデュカスの魔法使いの弟子と思われる。