カード能力解説 > サンタフェーリ

サンタフェーリ
レア度 ☆4~6
カードタイプ こうげきタイプ・単体
スキル能力 ランダム対象にフィールドにあるプリズムボールの数×100000の2連続無属性攻撃
その後フィールド盤面をリセットする
Bスキル能力 なし
Lスキル能力 全体の攻撃力・回復力を強化し、
クエスト開始時の1ターン目のみフィールド上の色ぷよをランダムで3個プリズムボールに変える
コスト量  ,20,40
変身合成 ☆4→☆5:  
☆5→☆6:ぷよゼリー ☆5(赤)、☆6(赤)、☆5(紫)、☆6(紫)、100点テスト(赤)

解説

第6回聖夜のプレゼント祭りのスペシャル特攻カードとして登場。


ステータス



スキル

ランダム対象にフィールドにあるプリズムボールの数×nの2連続無属性攻撃
その後フィールド盤面をリセットする。
☆5で80,000
☆6で100,000
必要ぷよ消し35個。

星天2シリーズトナカイシェゾの様な盤面内の特定のぷよ数に応じた固定ダメージ攻撃+盤面リセット。そしてその例に漏れず
残念ながらお世辞にも使い勝手の良いスキルとは言い難い。

星天2シリーズやトナカイシェゾにも共通する弱点ではあるが、まずランダム対象の為複数の敵にはターゲットを指定しても
思い通りの敵に当たらない事がままあるという事。単体の相手になら問題はないのだが、複数の敵を相手取るクエストには
基本的に不向き。
また、プリズムボールは通常落ちてくる事は無くリーダースキルやスキルで生成するしかない。一応リーダースキルで生成は
可能だが、プリズムボールを生成するカードもほぼスタメンに必須となって来る。スキルが余計な所で暴発する危険性は
星天2シリーズ等に比べると少ないものの、盤面リセットが必要な場面で準備の為の一手が余計に必要になる事を考えると、
攻撃面・盤面リセット面どちらで使うとしてもやはり不便さが残る。
特に攻撃の為にプリズムボールを用意し、攻撃体勢を整えた盤面で暴発すると自身の首を絞めかねない状況も考えられる。

単体の全色盾持ちボスに対しての無属性アタッカーとして見るならばプリズムボール3つ以上で☆6の剣士ラフィーナを超える
無属性ダメージをたたき込む事が可能だが、それ以外の相手に対してならば普通にプリズムボールを活用し、他の攻撃手段で
攻め立てた方がダメージを与えられるケースも多く、残念ながら用途は通常クエストに於いてはかなり限られる。高難度クエストでも
このスキルを主体と置く場合フォロー策が必要、そしてそのフォロー策を用いるにしてもこのスキルを主体と据えるよりは
他の手段を用いた方が戦略性・効率共に良い事が多い。

リーダースキル

全体の攻撃力・回復力を強化し、
クエスト開始時の1ターン目のみフィールド上の色ぷよを
ランダムで3個プリズムボールに変える。

☆4で攻撃力1.6倍、回復力1.4倍。
☆5で攻撃力2.2倍、回復力1.8倍。
☆6で攻撃力2.8倍、回復力2.2倍。

前述した通り、初手でプリズムボールを生成できるのは上記のスキルを意識している為である。
が、そのまま生成したプリズムボールをなぞり消しで他の色ぷよの連鎖に巻き込み、通常攻撃で大ダメージを見込む為に用いた
方が良いだろう。全色盾を持つ相手ならその限りでは無いが、いざスキルを発動する際に生成したプリズムボールをスキルの為
使えるかと言われるとかなり微妙な所。

敵の属性による得手不得手はあるものの、緊急チャンスボスにはかなり有用。プリズムボールの特性上自色のぷよが盤面に
少なくともこれを巻き込んで消せば攻撃が発生、更にプリズムボールのダメージ補正もありチャンスボスを取り逃す事は
ほぼ無くなるだろう。同時にチャレンジ系のボスにも初手でプリズムボールを生成できるメリットも大きいが、此方は
使い勝手の難しいスキルが他のカードのスキル発動の阻害となる点も考えると、一長一短と言ったところ。

コンビネーション



デッキ考察




評価

盤面を参照したダメージを与えるスキルの使い勝手の悪さは魔法使いドッペルアルル星天2が前例で実証してしまっている。
このカードもその例に漏れず運用の上で困る欠点を持っており、ダメージ量や無属性攻撃である点を加味したとしてもやはり
運用面で粗が目立つ。自身のリーダースキルでスキルの対象となるプリズムボールを生成は可能ではあるが、それも
余程の状況でなければ他の手段で活用してしまった方が良い事が多く、イマイチスキルを活かせるとも言い難いのが実情。

上記の通り、リーダースキルのみに重点を置いたチャンスボスの討伐が現状でこのカードを最も有効に扱える運用法と言える。
属性を問わず、相応の火力を出せるプリズムボール生成はこういったボスの討伐には利便性が高い為属性の得手不得手を
差し引いてもボスを取り逃す事態はぐっと減る。
ただその点も、他のカードや手段でやりようがある為、本当に必要かどうかを良く考えた上でガチャを回すのが賢いだろう。