カード能力解説 > 悪魔シリーズ

ヘド ストルナム コスタ バーテブラ ペルヴィス
レア度 ☆3~7
カードタイプ こうげきタイプ・単体
スキル能力 有利属性の敵の攻撃ターンのカウントを増やす
Lスキル能力 3連鎖以上で味方の攻撃力アップ・☆4から
コスト量 大(8,14,20,28,40)
変身合成 専用素材が必要
CV ヘド:仲村宗悟
ストルナム:室元気
コスタ:斎藤寛仁
バーテブラ:白川周作
ペルヴィス野水伊織:

解説

ギルドイベント「ロックラッシュ!」の報酬で貰うことができた限定カード群。

シリーズ名が不明だった期間が長かったので、「悪魔シリーズ」という正式名称よりも
イベント名/過去のコンビネーション名から採られた「ロック」という通称が広まっている。

2014/12/29から順に☆6がぷよP交換所で登場した。
本体の交換は一回のみとなっていたが、2019/7/8からは無制限で交換できるようになった。

2015/06/25にボイスが実装された。
(運営の都合で、童話等他のシリーズより一日遅れての実装)

2019/3/6からの「★7解放記念!ロックラッシュ」でヘドとバーテブラの、
2019/5/15からの「第2回★7解放記念!ロックラッシュ!」でストルナム、コスタ、ペルヴィスの☆7が解放された。

ステータス

☆6MAXで体力3210(±20)/攻撃2003(±7)/回復233(±6)
☆5レベル50程度で攻撃力が4桁近い数値まで上がり、攻撃力の水準は高いと言える。

スキル

スキル能力は発動したキャラの色の有利属性の敵の攻撃カウントをプラスするスキル。必要ぷよ消し数40個。☆3で+1、☆4で+2、☆5と☆6で+3、☆7で+4することができる。

ヘドが発動すれば敵の緑属性、ストルナムが発動すれば赤属性、コスタが発動すれば青属性、バーテブラが発動すれば紫属性、ペルヴィスが発動すれば黄属性の敵の攻撃カウントを遅らせることができる。
☆5以上ならば3ターンは確実に該当属性の通常攻撃を防げる。

封印が「攻撃を止める」のに対しこちらは「攻撃を遅らせる」効果なので、同時に発動すると無駄になるので注意。
登場直後は「このカードがなくても封印スキルでも十分」という評価を受けることが多かったものの、封印盾の登場で相対価値は上昇している。

完全にダメージをシャットアウトするスキル系統をそれぞれ比較すると、
属性 盾の影響 2ターン毎攻撃相手が、あと1ターンで攻撃する時に掛けた際の効果 追加ダメージ
全色封印 全属性 封印盾 計4ターン完封 なし
混乱 全属性 混乱盾 計4ターン完封 自傷ダメージ
悪魔シリーズ 有利属性限定 遅延盾 計3ターンほぼ完封(相手の追撃は封じられない) なし
アリスシリーズ
龍人シリーズ(☆7のみ)
有利属性限定 なし 計4ターン完封 反射ダメージ
となっている。
あくまでも攻撃を遅らせるだけで無効化できるわけではないので、イベントボスの持つ追撃スキルは通常通り受けてしまう点に注意。

カバルーンの自爆も遅延させることが可能。(爆弾アイコンの数字が増加する)。

石を大量に溶かしても問題ないのであれば、ハロウィンの時期にハロウィン悪魔シリーズをガチャで引いてそれを合成することで、秘伝書抜きでスキル上げが可能。

リーダースキル

リーダースキルの「テンションアップ」は、3連鎖以上の時に味方全体の攻撃力が☆4は1.5、☆5は2.0、☆6は2.5倍になる。
☆7では、味方全体の攻撃力が1.5倍、体力が2.5倍、3連鎖以上で攻撃力がさらに2.4倍(合計3.6倍)になる。
攻撃力増加スキル自体は様々な種類があるが、このスキルの特徴は攻撃計算の最終値を1.5~3.6倍にするという点。

現在の連鎖による攻撃力の増加は「後の方に連鎖した色」ほど増分が多いため、火力を求めるなら連鎖の順番も少し考える必要が出てくるややテクニカルなリーダースキル。
そして色に関わらず味方全体が攻撃力アップの対象となるため、混色デッキ向けのリーダーと言える。
逆に言えば、単色デッキなら魔導学校(3.0倍)や童話(3.5倍)をリーダーにした方がよいだろう。

3連鎖しないと効果が発動しないため、魔導学校シリーズボス!?シリーズなどの盤面が影響しないスキルに倍率が乗らない点に注意。
一方で初代シリーズや新どうぶつシリーズなどのスキルによって3連鎖した場合ではリーダースキルが発動する。
後者は運が絡むが、うまく発動すれば思わぬ瞬間火力を生み出すことができる。
余談だが、ver.3.4.0以前は大連鎖チャンスのみで3連鎖以上した場合はリーダースキルが適用されず、現在より使いづらかった。
大連鎖チャンスのみで適用される現在では、エジプト神話シリーズのスキルでの大連鎖チャンスもリーダースキルが発動する。

お祝いサタン」と比べて倍率は勝るものの、このゲーム自体は同時消しが有利なので若干使い勝手が違う。うまく使い分けよう。

コンビネーション

全員が「ボーイズ」または「ガールズ」、および「はばたき」「つの」「まもの」を持つ。
コスタのみそれに加えてコンビネーション「めがね」、バーテブラのみ「ヒゲ」を持つ。

「まもの」は「マスカレード祭り」の頃に新たに追加されたコンビネーションだが、優先順位の関係で「ロック」コンビネーションが発動しなくなってしまった。
攻略本のうち、キャラクター図鑑には「ロック」が記載されているが、オフィシャルファンブックには記載されていない。
のちのアップデートでアプリ上でもカードのコンビネーション一覧が見られるようになったが、
ここでも「ロック」コンビネーションは記載されていない。

評価


各カード解説

ヘド
このシリーズの初登場を飾った一人。
赤のボーイズはゴゴットやオサを除き皆ガチャ、イベント限定。
それらのカードが揃っている上級者よりも赤ボーイズの引けていない中級者以下の方がこのカードを活躍させやすいだろう。
複数色ボーイズの赤担当にするとリーダースキルを活かせる。
2019年3月6日に☆7が解放された。

名前の由来は頭部(head)。リーダーである彼に限ってはグループのヘッド(頭)とのダブルミーニングであろう。

ストルナム
青はボーイズが組みやすいがその分枠争いが激しくサブに回ることもしばしば。
ちなみに彼の☆5のセリフで女の子を入れてほしいと言っている件について、
「ボーイズ」を生かすならユウレイ必須。
「つの」ならドラコ、リデル、ジャァーンが女の子要因。
「はばたき」ならハーピー、エムプーサと女の子は一応いる。
新たに「まもの」が追加されたので、まものガールズを筆頭としたまもの持ちと組めるようにもなった。よりどりみどりである。

名前の由来は胸骨(sternum)。

コスタ
「つの」ではドラコ、サタン、リデル、オークテ
「ボーイズ」ではサタン、パノッティ、レムレス
「はばたき」ではハーピー、だちょうちょ
など緑にはロックシリーズが共通して持っているコンビネーションに強力スキルを持つカードが集まっているので他の属性のカードと比べると選択肢の幅が広いのが特徴。
特に「つの」持ちは屈指の強力なカードが多い緑属性では使い勝手の良いカードになる。
また、こまきとモンブラーナがいれば緑めがねデッキも構成可能。

名前の由来は肋骨(costae)。

バーテブラ
AC連動ガチャを除くと通算4人目となる黄色ボーイズとなる。
(かつターン遅延は半減なしの紫が対象なので遅延させる価値が大きい。)
「ヒゲ」コンビネーションを持つ。
2019年3月6日に☆7が解放された。

名前の由来は椎骨(vertebrae)。

ペルヴィス
ロックシリーズの大トリはまさかの女性。
紫単色ガールズで耐久向けのスキル…と考えるとどくりんごHP4倍パとの親和性が高い。
余談だが彼女の登場によりAC連動ガチャなしで紫つのデッキができるようになった。

名前の由来は骨盤(pelvis)。