カード能力解説 > 聖獣拳士シリーズ

スザク セイリュウ ゲンブ ビャッコ キリン
レアリティ ☆4~☆7
カードタイプ こうげきタイプ・単体
スキル能力 nターンの間、このカードの通常攻撃を 「こうげき」×2の連続攻撃にする
Lスキル能力 通常攻撃時のみ、自属性カードの攻撃力がn倍になる
コスト量 (大)14,20,30,42
変身合成 ☆4→☆5:ぷよゼリー☆3×2、☆4、☆5、☆5魔導書
☆5→☆6:ぷよゼリー☆4×2、☆5、☆6、☆6魔導書

解説

ゴールド収集祭り以降のスペシャル特攻カードとして、各イベ時に登場。
キャラクター説明や☆5でのセリフからわかるとおり中国神話の聖獣がモチーフで、一般的に四神(四聖獣)と呼ばれる朱雀・青龍・玄武・白虎と「五神」の名を持つ麒麟(黄龍とも)がモデルになっている。
ぷよクエACにも四神をモチーフにしたカードがあり、あちらはそれぞれが守護する方角がカード名・スキル名にあてられている。興味があれば調べるといいだろう。

2016年7月末の期間限定ガチャにて、シリーズ名が「聖獣拳士シリーズ」だと判明した。

2016/7/25よりボイスが実装された。
2018/4/13より☆7が実装された。

ステータス

キャラクター たいりょく こうげき かいふく
スザク 3516 2025 151
セイリュウ 3496 2018 163
ゲンブ 3536 2011 157
ビャッコ 3516 2011 163
キリン 3496 2025 157
☆6レベルMAXで体力3516(±20)、攻撃2018(±7)、回復157(±6)
非常に高い攻撃にこうげきタイプとしてはそこそこの体力を持つが、回復が非常に低い。


スキル

nターンの間、このカードの通常攻撃を「こうげき」×2の3連続攻撃にする。
☆4で1ターン、☆5で2ターン、☆6で3ターンとなる。
☆7では3ターン、「こうげき」×2の4連続攻撃にする。
必要ぷよ消し数40個。

単色デッキで敵が1体のみの場合は6枚で6回攻撃が6枚で11回攻撃になるようなもので3ターンの間、通常攻撃のダメージが1.83倍になると思ってもいい。
このカード自身が高い攻撃力であるため、実際はそれ以上の倍率となる事の方が多い。
攻撃力がプラスMAXなら実質+3000相当になり、単体火力ではぷよフェスキャラを抜きうる威力を誇る。

すずらん+αのスキルは併用可能であり、3倍になった攻撃力の2倍で3連続攻撃する。

敵が2体以上いる場合はまものシリーズのスキルの方が有利な状況がほとんどである。
このスキルとまものシリーズのスキルは併用できず、後で使ったものに上書きされることに注意。

スキルそのものは単体で完結しているため、多色デッキのサブに起用しても特にデメリットなく使うことができる。

元の手数が少ないマルチでは相対的に効果が大きくなるので、特に有効である(4回攻撃が9回攻撃相当になり、3ターンの間、通常攻撃のダメージが2.25倍相当となる)。

類似スキルに剣士アミティがある。
あちらは通常攻撃を「こうげき」×1の6連続攻撃なので与える総ダメージは変わらない。

リーダースキル

通常攻撃時のみ、自属性カードの攻撃力がn倍になる。
☆4で2倍、☆5で2.5倍、☆6で3倍、☆7で4.2倍となる。

ボス!?シリーズのリーダースキル適用条件が体力MAXから通常攻撃のみに変わったようなものである。
魔導学校シリーズ、初代ぷよシリーズ等の属性ダメージを与えるスキルに倍率が乗らないというデメリットがあるが、
デッキ構築の段階で属性ダメージを与えるスキルを持つカードを使わないようにすれば、デメリットは皆無となる。
ボス!?シリーズの同色も持っている場合は、ダメージ源が直接ダメージを与える攻撃系スキルならばボス!?シリーズ、
通常攻撃ならば本シリーズ、といったように使い分けよう。

童話と違い、倍率自体には条件が無いので、マルチでも3倍のまま変わらない。
マルチでよく提示される童話・漁師等はいずれも通常攻撃強化系なので目立った問題は起きない。

しかしフルにこれが活きるのはやはりバトルだろう。
バトルでは通常攻撃が相手グループにダメージを与える為のメインの手段となる為、実質同グループに同じ属性のカードを
並べるだけで手軽に中々の攻撃倍率をグループ全体に掛けられる。単色or疑似単色の編成では非常に有用なリーダー候補の
カードとして運用が可能。☆7ともなればフェスカードや召喚士をも追い越す攻撃倍率となり更に頼もしくなる。

コンビネーション


デッキ考察

スキル、リーダースキル共に通常攻撃が条件となっているので、通常攻撃を強化するスキルを持つ童話シリーズ天騎士シリーズなどと相性がいい。
逆に、まものシリーズはスキルがお互いに上書き関係なので相性が悪い。サブで使うなら、敵が複数ならまもの、単体なら本シリーズと使い分けると良い。
また、せっかくスキルを発動したのに、肝心の自色ぷよが盤面に無いという目も当てられない事態を避けるため、漁師or雅楽師星の魔導師等との併用は、半ば必須と言える。
いずれにせよ、童話シリーズのスキルをメインに戦うデッキになることが多いであろう。
自身のスキルの性質上このカードの攻撃力がすさまじく高くなることから、麻痺とチャージを絡めたデッキでは他のどのカードよりもリーダー適正が高い。
麻痺させた相手には最初の一撃のみダメージが3倍となるため、うまくチャージできればオーバーキル以上のすごいダメージを与えられる。
現在では全ての属性に確実に麻痺を仕込めるカードが揃った為麻痺チャージ戦法も取り易くなった。

バトルならば通常攻撃に高い攻撃倍率が掛かる為、単色or疑似単色編成で十分に活躍が見込める。体力補正が掛からない
デメリットも、火力面が最重要視されるバトルでは大したデメリットにならない為気兼ねなくリーダーとして運用しよう。
無論コンビネーション合わせは忘れずに行いたい。

評価

上記のデッキ考察にあるようなカードはどれもレア度が高いため揃えるのが大変である。
通常攻撃に特化したカード中心のデッキになるため、ぷよ消しが下手なプレイヤーは大ダメージを与えられない。
カードを揃え、使いこなすことが出来れば、ボス!?リーダーのデッキ以上のダメージを与えられる上級者向けのカードと言える。

リーダースキルはボス!?と同じ攻撃力3倍であることは変わりはないため、ボス!?を持っているなら無理して入手するほどのカードでもないのも事実である。
例えば、ギルイベなどで火力重視の特攻を行うという事は、つまり敵の火力が高過ぎて耐久出来ないという事であるため、
どの道一撃で倒されるという点を踏まえれば、実質的なリーダースキルの使い勝手はボス!?シリーズも同じだと思われる。
しかし、☆7になるとボス!?をわずかに超える攻撃力を持つようになるため、手元にある場合はワイルドさんを利用する価値は十分あるだろう。
特にバトルでの運用も見据えるなら尚更である。攻撃倍率4.2倍は非常に強力。

各カード詳細


スザク
プワープ夏祭りにて登場。
コンビネーションに「ボーイズ」「あっちっち」を持つ。

セイリュウ
ゴールド収集祭りにて登場。
コンビネーションに「ボーイズ」「つの」を持つ。

ゲンブ
おんぷ収集祭りにて登場。
コンビネーションは「ガールズ」のみ。

ビャッコ
あじさい収集祭りにて登場。
コンビネーションは「ボーイズ」のみ。

キリン
シュリケン収集祭りにて登場。
コンビネーションに「ガールズ」「つの」を持つ。
中国神話に登場する伝説上の霊獣がモデル。同名のビールの絵柄もこれがモチーフになっている。
動物園にいる首が長いほうでは無い。