カード能力解説 > 喫茶店の3人娘

喫茶店のアミティ 喫茶店のアルル 喫茶店のりんご
レア度 ☆5~6
カードタイプ こうげきタイプ・単体
スキル能力 敵全体に「こうげき」×nの属性攻撃を与え、 さらに相手の「ターン」に+mする
Lスキル能力 自色属性カードの攻撃力を2.5倍にし、毎ターン、自色属性カードに「かいふく」×2の回復
コスト量 大(20,30)
変身合成 ☆5→☆6:ぷよゼリー☆4、☆5×2、☆6×2

解説

ぷよカフェカップの特攻キャラとして登場。
その後のぷよカフェ等実店舗のオープン記念として、不定期に再登場している。

ステータス

喫茶店のアミティは☆6レベルMAXで体力3279、攻撃2279、回復390。
☆6こうげきタイプとしては攻撃と回復が非常に高い。

スキル

敵全体に「こうげき」×nの属性攻撃を与え、 さらに相手の「ターン」に+mする。
類似のスキルを持つカードにサンマ屋台のまぐろが存在。

☆5でn=6・m=1、☆6ではn=7・m=2。スキル発動までの必要消し数は40個。
魔導学校シリーズのスキルより威力が高く、更にターン数増加の効果まで付いてくる。
特に☆6の7倍撃は、5倍撃で微妙に一掃し切れない敵、例えば高難度クエスト道中での、苦手属性のおどりガメなども一掃可能な絶妙なバランスとなっているので、数字以上にプレイが快適となる。

相手ターン増加の効果は相手の色に左右されない。
ターンの増加は攻撃が当たった際の追加効果扱いで、反射や守護等で攻撃が当たらない場合はターン数の増加はない。
多色かつ多数の封印・混乱・麻痺盾を持った敵に対しても有効という、行動阻害手段としては高い汎用性が売り。
同じくターン増加の悪魔シリーズは色指定があるがターンの増加数で勝り、また攻撃を当てる必要が無い。

本家(亜種含む)の3人娘とは別キャラ扱いのため、相互にパワーアップ合成してもスキルレベルは上がらない。
スキルレベルを上げる為には紫の秘伝書もしくは、同キャラを合成しよう。

リーダースキル

自色属性カードの攻撃力を2.5倍にし、毎ターン自色属性カードに、このカードの「かいふく」×2の回復。
回復のタイミングは自分のターン直後(敵の攻撃直前)である。

戦乙女アルルと比較すると、体力1.5倍の代わりに自動回復を得た形となる。

デメリットなしの属性攻撃力2.5倍は言うまでもなく強力。
童話シリーズの最大倍率と同じ上、スタメン人数の減少による減補正がない分童話シリーズよりも安心できる。

もう一つの特徴である自動回復だが、このカードの回復の数値は最終的に400前後になる。つまりレベルMAXなら、毎ターン800前後の回復量となる。
回復+100を振ると回復値が1.5倍近く上昇する事と同義であるため、毎ターン1200前後の回復量となる。非常に効果的なので、回復+は優先的に回すと良いだろう。
そして、実際にはタワーボーナスやコンビボーナスがこれに加わるので、回復+100にタワーボーナス50%でコンビを乗せた場合、概ね毎ターン2000前後の回復量となる。

更にサポートリーダーに回復アップのリーダースキルを持つカードを選択できれば、自動回復の価値は飛躍的に向上する。
突き詰めて毎ターン4000前後の自動回復ともなれば、ギルイベの全体攻撃ボス相手にすら永久機関が成立可能である。
この場合のサポートには雅楽師シリーズが最適であるが、敵の攻撃で即死しないのであれば、フィーバー回復シリーズでも代用出来る。
あるいは、ドワーフシリーズで被ダメージを半減させても、実質的な耐久力は同等となる。この場合、自動回復で体力MAXをキープ出来るのであれば、かいぶつシリーズでも代用可。

この様に、攻防両面で大活躍出来る可能性を秘めた非常に強力なリーダースキルであるが、緊急チャンスボスのような1秒を争うクエストでは自動回復の演出がタイムロスになる。
その様な場合、他のカードで攻撃力を2.5倍以上に出来るのであれば、そちらを選択するべきであろう。

コンビネーション

本家と同じで「ガールズ」「ヒロイン」が共通で乗る。
また、本家カードとは別扱いの為、本家と喫茶店の両者でコンビネーションが繋がる。
もちろんテクニカルマップに本家、喫茶店の両者を同時に連れて行く事も可能。
尤も、りんごだけは本家は「赤」で喫茶店は「緑」の為、なかなか同時には連れて行きにくいが・・・

デッキ考察

単色パのリーダーとして有用。
自動回復がある分、行動阻害系のスキルが他のデッキよりも使いやすくなる。
このカード自体のスキルもその一例。

曜日クエストなどの周回の際に自動回復のエフェクトが鬱陶しい場合は2番目以降に置き、童話などをリーダーに据えよう。

サブメンバーとしても、攻撃と妨害を同時に行うスキルは単色デッキ・多色デッキを問わず機能する。

評価

魔導学校シリーズの上位置換に留まらない、高いポテンシャルを持つカード。
優秀なステータス、高性能なスキル・リーダースキル、及びヒロインと別キャラ扱いな事によるコンビネーションの組みやすさは、戦乙女アルルに引けを取らない。
それでいて、変身合成にレアな素材を要求しないのもメリット。
入手出来たら即戦力として、曜日クエに、マルチに、ギルイベにと幅広く活躍してくれるだろう。

自動回復の演出がデメリットとなる状況も存在するため、その点は留意しておこう。

各カード詳細

喫茶店のアミティ
本家アミティと同じく、上記のコンビの他に「魔導学校」が乗る。

喫茶店のアルル
本家アルルと同じく、上記のコンビの他に「初代メンバー」が乗る。

喫茶店のりんご
本家りんごと同じく、上記のコンビの他に「すずらん」が乗る。