電源SW


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

電源スイッチは幹線(電源ケーブル)と負荷の間に
設置する事により、負荷の過電流から幹線や送電設備を
保護し、事故等を防ぐために必須となります。

本来は送電元に配置するのが基本ですが
コンサート、イベント等では負荷(調光ユニット等)の
前に設置するのが慣例となっています。

一部、スタジアム等ではより安全を期すために
送電元及び負荷手前に設置を義務化している場合もあります。

現場の規模の大小に関わらず事故防止のために設置しましょう。

SWの種類

  • CKL等のナイフスイッチ・タイプ
  • NFB(ノンヒューズ・ブレーカー)タイプ
  • ELB(漏電ブレーカー)タイプ


例:200A ELB スイッチ

以下、編集中...

東京機材株式会社では100A~400Aまでの
各種,電源SWのレンタルも行っています。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル