※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ISS(国際宇宙ステーション)の撮影したUFOビデオの解析」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ISS(国際宇宙ステーション)の撮影したUFOビデオの解析」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+■国際宇宙ステーションから撮影されたというUFO
+https://www.youtube.com/watch?v=7Jzs5iSlp10
 
+ほんの小さな光の点が動いているだけなので、他の人工衛星やデブリ(宇宙ゴミ)と考えてよいだろう。
+■ワームホールを抜けてくる無数のUFO
+http://rocketnews24.com/2014/03/17/423788/
+対照物が何も写っていないので詳しくは分かりませんが、実体を持ったものが写っているのではなく、何らかの光学的現象と考えたほうが良いでしょう。
+ かくかくと動いて見えるのは、ディジタル処理などの影響と考えられます。
+
+■回転しながら接近
+http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=345
+
+
+キャプションで、「我々が宇宙で孤独かどうかはどちらであったとしても、驚くべきことである。」という意味のことが書かれているが、たったこれだけのぼんやりした映像から UFO=宇宙人の乗り物 ではないか、と考えてしまう想像力のたくましさは感服する。
+ 普通に考えて、実体があるなら、他の宇宙浮遊物、実体が無いなら、光の反射、と考えるべきであろう。実体があるとするなら、かなり近くのものか、大きなものということになるので、解釈に無理があると思う。途中で消えていることから、反射と考えたほうがよさそうである。
+
+
+
+
+
+
+
+■葉巻型母船?
+http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=1071
+
+ まず、なぜこの「物体」は、ISSの構造物と平行な向きになっているのであろうか。ISSにも、いろいろな方向を向いた構造物があるわけだから、仮に宇宙船が近づいてきたとして、なぜこの方向にとどまっているのかが疑問である。
+ ISSは、地球の周りを回転しているので、太陽との角度が刻々変わっていく。ぴたりと同じ大きさ同じ向きで飛行していると考えるのは困難。
+
+ 始めの映像に着目。左側が、全体の映像。右側がその部分拡大を明るくしたものと思われる。左の映像を見ると、ISSの構造物上に影が動いていくのが見えることから、太陽との位置関係がゆっくりと変わっていることが分かる。
+
+5秒ずつの動きを見て見よう
+
+
+
+
+
+
+
+
+0:20
+
+0:25
+
+0:30
+
+0:50 左下の部分の影が動き、右側から突起物が現れてくる
+
+
+0:55
+
+
+1:00
+
+
+1:05
+
+
+1:10
+
+
+USTREAM の元映像
+(回転していることが分かる)
+http://www.ustream.tv/recorded/47510812/highlight/503003
+
+
+
+ISS の回転
+
+http://iss.jaxa.jp/iss/nasacontents/isslive/console.html
+
+
+ISSの構造
+http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B9_(ISS)