※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これはUFO?――俳優のラッセル・クロウさんが謎の物体を撮影し、YouTubeに投稿した。



これは、まだ分析中ですが、実体が何か飛んでいるのではなく、光学現象と考えるほうが自然でしょう。
 3枚あるうちの、最後のものは、明らかに木より前に映っています。最初の1枚も木より前にあるように見えます。

 翻訳の誤りでないとすれば、
「謎の物体は動いており、カメラは固定していたので、レンズフレアではないはず」

 という言葉から、撮影者はカメラに詳しくないものと考えられます。固定撮影か否かと、レンズフレアかどうかは無関係です。翻訳時の誤りかどうかは後程原文をあたってみます。

 見たところ、宙に浮いているように見えるものは、2本の線からなっているようです。
 オフィスの外で撮ったとありますが、私には、どうも、ガラス面の反射のように思えます。(これはまだ、よくわかりません。)

 現在推測できる可能性としては、
1)部屋の中の蛍光灯の反射(2本並行していることから。ただし、厚手のガラスでの反射であれば、1本の光でも、表面と裏面の両方の反射が起きます。この映像の上のほうを見ると手前が明るく、後ろが暗いので、厚手ガラスの反射と考える合理性があると思われます。)
2)外を通る車のテールランプ。ただ、下の部分や大きさを考えると車が通ることは困難に思えるので、これは違うようにも思います。

 の2つですが、まだ他に可能性があるかもしれません。斜め線の光など、どういう原因でできているのか、右側の線も不思議です。

 それから、この場所の照明の方法がもう少し詳しく知りたいところです。画面上の部分的に木々が明るく映っているところがありますが、どうも、庭の中に植えられた木々の間に、照明塔が何本か設置してあって、それが、庭の一部分を照らしているように見えます。


 いずれにしても、

 「何か飛んでいるとしたら、木より前を、ほぼ等速で直線的に飛んでいた」

 ことになりますが、これは、いかにも不自然でしょう。