※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



日テレ「真相解明バラエティ トリックハンター」に出演します。

放送は10月1日(水)の予定。

 超能力のトリック暴きなどで有名なこの番組ですが、この度、UFO映像のトリックを暴く、ということで、不肖私が、その分析を行う、ということで出演します。スタジオではなく、ビデオでの録画で、もう撮影は終わり編集に入っています。

 番組案内ページはここ。9月16日現在は、まだ詳しい内容が記載されていませんが、しばらくしたら書かれるでしょう。

 終了後は、バックナンバーページに入ると思います。

 番組では、いくつかの映像をYouTubeから選び、それがトリック(必ずしも本人が意図して作ったトリック、というだけではなく、撮影した本人が気付かずにUFOだと思ってしまった場合や、映像処理上の問題を知らなかったために間違えたりしたことも含めてトリックに引っかかる、という表現を使っています。)であることを解明していきます。

 詳細については、番組放映後にならないと掲げられませんが、次のような事例を扱います。



 これなんか、見たら、「CGに決まってるじゃん」と誰しも思うものですし、実は作成者が、CGで作ったことを公開しているのですが、この番組では、
 「もしCGであると公表されていなかったとしても、CGであると分析できるか」
ということで、分析を進めていきます。

 もちろん、番組から提供される前から、この映像があることは知っていました。
 知っていましたが、誰が見たってCGで作ったと思うだろう、ということで、あまりちゃんと分析していませんでしたが、今回、じっくりと分析してみました。


  「CGで作れるからといって、本物でないという証拠にはならないではないか。」
 という疑問には、
 「空間から突然UFOが出現することはありえない」
 ではなく、
  「空間からUFOが突然現れるというようなことが起こったと仮定しても、なお」
  「CGでなければ、この映像は作れない」

 ということを、示します。


 詳しくは見てのお楽しみ。

  番組放映後に、分析結果についての詳細を掲載します。
合計: -
今日: -
                                       2014.9.26 一部修正

  • 番組放送されましたので、明日にでも、可能な限りのコメントページ作成致します。 -- 管理人 (2014-10-01 22:24:48)
名前:
コメント: