カード能力解説 > ロックなハーピー・大勇者ラグナス

ロックなハーピー 大勇者ラグナス

レア度 ☆6〜7
カードタイプ たいりょくタイプ・単体
スキル能力 自属性カードの合計×15倍で単体自属性攻撃
Bスキル能力 なし
Lスキル能力 味方全体の自属性の攻撃力が1.5倍、体力が3倍になる
味方全体の自属性と副属性の攻撃力と体力がn倍になる
コスト量 超特大(48、60)
変身合成 なし

概要

ロックなハーピーは2016年4月末のぷよフェスにて期間限定で登場した。
これまでのぷよフェスの目玉キャラは『ぷよぷよ!!20th』の隠しキャラから選抜されていたが、ここでぷよクエ独自の派生キャラの登場と相成った。

ぷよフェスDXでの再登場に合わせる形で2016/9/21にリーダースキルが上方修正され、さらに2017/8/4のデータ更新にて再度の上方修正が行われた。

大勇者ラグナスは2017年4月末のぷよフェスにて登場。

2019年6月17日から、両者とも★7へんしんが解放された

ステータス


キャラクター たいりょく こうげき かいふく
ロックなハーピー★6 5095 2046 248
ロックなハーピー★7 8662 2762 334
大勇者ラグナス★6 4947 2010 248
大勇者ラグナス★7 8410 2817 334

ロックなハーピーは★6レベル99で体力5095、攻撃2046、回復248。
大勇者ラグナスは★6レベル99で体力4947、攻撃2087、回復248。
たいりょくタイプとしては破格の攻撃力を持つ。
同じくぷよフェス限定のたいりょくタイプのきいろいサタンと比較すると、かいふくで劣り他で少し勝る。

スキル

★6
自属性カードの攻撃力の合計×15倍で単体自属性攻撃。

★7
自属性カードの攻撃力の合計×25倍で単体自属性攻撃。

どちらのレアリティもぷよ消し40個。

ぷよフェスキャラの例に漏れず、ハーピーやラグナス歌姫ハーピーではスキル上げ出来ない。

同様のスキルを持つ海賊王シリーズ☆6の2.5倍以上のダメージで、初代砲より威力が高い。
異世界の旅シリーズのスキル倍率は14.2倍相当のため単純な威力は同等だが、漁師ボーイズのスキルを併用するとあちらの方が威力が高くなる。


リーダースキル

★6
味方全体の同属性カード(副属性を含む)の攻撃力が2.5倍、体力が3.5倍になる。

★7
味方全体の同属性カード(副属性を含む)の攻撃力と体力を4倍にし
クエスト開始から2ターンの間、 相手全体の攻撃力を40%減少させる

※ロックなハーピーは緑と紫、大勇者ラグナスは紫と黄の2属性が対象。

※ロックなハーピーの実装時は「緑属性カードの攻撃力が1.5倍、体力が3倍」だったが、
2016/9/21に倍率が上方修正。2017/8/4に大勇者ラグナスに合わせるかたちで2属性が対象になった。

★6の体力上昇値はあかいアミティ・くろいシグの3倍を抜いて堂々の1位。
以降もぷよフェスキャラの★7へんしん解放が軒並み増える中でも、★7の状態でも3.5倍以上の上昇値を持つキャラがいないため、並んで首位をキープしてる。

ロックなハーピーにおいてはさらに緑属性で最も体力が高くなるため、耐久力では他色を大きく引き離す形となった。

火力に関しては、ロックなハーピーが初登場した当初戦乙女アルルにゃんこシリーズと同じ上昇率であり、緑デッキでこれ以上の倍率を出すのは、コスタver.HWの3.5倍、サタンゲンブモーリスの3倍など非常に限られていること
しかもそれらのカードはいずれも条件付きであり、無条件での攻撃力2.5倍は十分トップクラスの性能と言えたのだが
後日、登場したぷよフェスキャラの目覚めし力シリーズのみどりウィッチを始め、攻撃力が3倍以上になるリーダースキルのキャラが現在は多いことや
同じ2.5倍の攻撃力をとっくんボードのSPリーダースキルで収得できる、ぷよフェス以下のランクのシリーズも増えてしまったこともあり、出現率1%のレアキャラガチャの対象キャラとしては、やや物足りないレベルにある


★7になると対象属性の条件が同じで、攻撃力と体力の両方が4倍になる。

体力の上昇値が4倍のリーダースキルは現段階では、かわったエコロのSPリーダースキル(体力4倍、他能力2.5倍)ぐらいしかなく
しかも攻撃力も4倍になる点も含めると、こちらの方がかわったエコロのSPリーダースキルよりも上回っている

さらにクエスト開始から2ターンの間、敵全体を40%攻撃力を減少させるおまけも付くため、先制攻撃で強ダメージを与える敵の対策を取れるのも強み。

コンビネーション

カード詳細に記載


デッキ考察

スキル、リーダースキル共に、単色(ラグナスは副属性込み)デッキで単体の手強いボスを相手にするのに向いた設計となっている。
上方修正により、攻防両面に長けた万能カードになっている。

ロックなハーピーの場合は
攻撃パなら追撃初代砲(レムレス&ドラコ)や童話漁師(ナリ&ウィン)など、当Wikiでもお馴染みの単色向けメンバーと合わせていこう。
耐久デッキを組む場合は、特に割合回復のくまぐるみぃか剣士リデルは是非欲しい所。
特に剣士リデルとの相性は抜群だが、両者とも限定かつ極低排出率の激レアカードであるため、この2枚を揃えるのは困難を極める。
くまぐるみぃも「ガールズ」を持ちスキル発動速度で上回るため、決して悪くは無いし、むしろ状況次第ではこちらに分がある。
もしくは、体力と回復力が上がるヴィタかヤマトをサポにするのも手。
一方で耐久用のスキルではないが、体力特化なのでドワーフのヨルンや冒険家のトーマスのスキルも威力十分。
もう一つの選択肢として、ジョゼを入れたうえでサポートにくろいシグを選べば緑色主軸の強力な5色デッキを作る事も可能。

大勇者ラグナスならばクールなシェゾとの差別化のため、黄紫混合が推奨される。
剣士で組むなら大勇者ラグナス・クールなシェゾ・シェゾ・アレックス・ディーナあたりが最有力候補か。
麻痺を持つディーナは単発ダメージの大勇者ラグナスにとって良相性といえる。
ボーイズで揃えるなら雅楽紫のシグレや黄のナルカミと組みやすく、クールなシェゾやきいろいあやしいクルークとのコンビも組みやすい。
黄紫の2属性ではスキルの加速に不安が出るので他副属性を組み合わせて黄色いサタンを採用するのも手である。


ロックなハーピーも大勇者ラグナスもみどりウィッチやクールなシェゾのような強力なライバルが存在している。
そちらにはできないデッキを追求することで、ハーピーとラグナスを生かすことができるだろう。
もっとも両方とも低出現キャラであるため、どちらか片方しか所持していない場合が多く、競合の可能性は比較的度外視できるだろう。

副属性を持つカード全般に言えるが、多色デッキのスタメンとして使うのも手。その場合スキルはやや持ち腐れになってしまうが、多色デッキの定番であるあかいアミティ・くろいシグと色が被っていないのが魅力。6枚を使えるクエストデッキでは特筆すべきことでもないが、4枚しか使えないマルチクエストや3枚しか使えないバトルデッキの場合2枚で4色を揃えられるのは強みと言える。

評価

ボス戦に特化した形の、シンプルだが扱いやすいカード。
大半のクエストにおいて、単色デッキとしては最強のリーダーカードの一角。
もしも入手出来たら、単色デッキの攻守に渡る大黒柱として存分に活躍してもらおう。

カード詳細

ロックなハーピー
ハーピーと同じく「ガールズ」「はばたき」を持つ。
悪魔シリーズと並べると「はばたき」となり、「ロック」は確認できない。
ハーピーとも別キャラ扱いなのでコンビネーションが乗る。
みどりウィッチとは対応コンビネーションの多さで優位性を示せるか。

「はばたき」は緑単色デッキ主流の1つである「つの」と比べるとリデル魔獣のレミ・まもののオークテ・伝説聖獣のセベスなどが外れ、サタン・ドラコ悪魔のコスタなどが共通し、剣士リデル幻獣プリンセスのグリフォ・天騎士のハルトマン・天使のロコなどが加わる形となる。
漁師のナリや雅楽のヤマトを入れてコンビネーションが途切れる場合、最多でもリーダーの後ろの3人が該当すれば良いため、十分に実用範囲。


大勇者ラグナス
ボーイズ・剣士を所持している。剣士は紫属性に多く単色デッキを組みやすい。
クールなシェゾと比較するとHP強化倍率こそやや高いだけで、攻撃面や開始盤面のnextぷよ変換などの面から見て、攻撃面では見劣りしてしまう。
耐久よりにするか黄色も巻き込んだ編成で差別化していきたい。
その場合黄色で剣士を持つアレックスは頼もしい存在になるだろう