カード能力解説 > はりきるドラコ

はりきるドラコ

レア度 ☆6~7
カードタイプ こうげきタイプ・単体
Lスキル能力 味方全体の体力をn倍
x個以上のぷよを同時に消すと 味方全体の攻撃力がm倍になる
スキル能力 フィールド上の色ぷよとハートBOXを、赤、黄、緑、青、紫ぷよ及びハートBOXorプリズムボールに変化させる
Bスキル能力 なし
コスト量 48,60

概要

2016年7月末のぷよフェスにて期間限定で登場。

スキルレベルを上げるには同キャラ同士で合成をおこなうか、紫の秘伝書を合成する必要がある。
亜種キャラ(例えば通常のドラコ)では合成してもスキルレベルは上がらない。

2018/3/23に☆7が解禁された。

ステータス

☆6レベルMAXで体力4232、攻撃2389、回復181。
☆7レベルMAXで体力6242、攻撃3822、回復222。

リーダースキル

体力アップ効果は2017/10/27の上方修正で追加された。
☆6では味方全体の体力を2.5倍にし、12個以上のぷよを同時に消すと 味方全体の攻撃力が4倍になる。
☆7では味方全体の体力を3.2倍にし、8個以上のぷよを同時に消すと味方全体の攻撃力が4.5倍。
☆7ごほうびでは味方全体の体力を2.5倍にし、12個以上のぷよを同時に消すと味方全体の攻撃力が5倍。

なおこのゲームの同時消しの仕様上、☆6で12個ぷよを消した場合の実際の攻撃力は4×2.2=8.8倍、☆7で8個ぷよを消した場合の実際の攻撃力は4.5×1.6=7.2倍、☆7ごほうびでは5×2.2=11倍が最低ラインとなる。
分離同時消しをした場合はさらに2倍となるので、攻撃力は☆6で4×4.4=19.8倍、☆7で4.5×3.2=14.4倍、☆7ごほうびでは5×4.4=22倍が最低ラインとなる。

同時消し数を増やせば増やすだけ最終的な攻撃力が上がるので12個同時消しの方が攻撃力が高くなる傾向にある。
もちろん8個同時消しのほうが難易度が下がるのは言うまでもない。

ダメージの計算式は悪魔シリーズやきいろいサタン、レガムントと同じで、条件を満たすと連鎖ダメージ計算後の最終的なダメージがm倍となる。
通常攻撃のほかに、スキルによるぷよ消しや大連鎖チャンス中の8or12個以上同時消しでもこのリーダースキルは発動する。
おじゃまぷよやプリズムボールを巻き込んで8or12個以上同時消しでも発動する。

スキル

☆6ではフィールド上の色ぷよとハートBOXを、上の段から横一列に赤、黄、緑、青、紫ぷよ及びハートBOX各8個に変化させる。
必要ぷよ消し数は40個。
☆7ではフィールド上の色ぷよとハートBOXを、 赤ぷよ、黄ぷよ、緑ぷよ、青ぷよ、 紫ぷよ、プリズムボールに変化させる。
ラフィソルと同じスキル。
必要ぷよ消し数は40個。
☆7ごほうびでは、スキル自体は☆6に戻るが、ぷよ消し数が35個と減少する。

スキル発動後、フィールド上のぷよが1段ごとに同じ色のぷよ8個(ハートBOX)になるため、
5色の合計40個同時消し、ハートBOX8個分の回復、全消しによるハートBOX1個分の回復が確定する。
この40個同時消し以外にぷよが消えなかった場合、全カードに攻撃力の11.8倍のダメージが発生する。
おじゃまぷよが無い場合、かわったエコロよりもダメージ量は多い。

ただし、おじゃまぷよとプリズムボールはそのままのため、それらが場に大量にある場合ほとんどぷよが消えないことに注意。
少量の場合は他のぷよに巻き込まれて消えるため、それほど気にする必要もないだろう。

ちなみに場のチャンスぷよはハートBOXに変化する最下段のもの以外は消滅しない。

また、ミッションの「○○色同時消しでフィニッシュ」を満たすこともできる。

コンビネーション

「初代メンバー」「ガールズ」「つの」「はばたき」が乗る。本家ドラコと同じ。
ちなみにフェスキャラの例に漏れず本家と別キャラ扱いになっている(本家ドラコと組んでも両方にコンビネーションが乗る)。
本家ドラコ自体が非常に汎用性の高いコンビネーションを持つため、それに類する本カードもコンビネーションには困らないであろう。

デッキ考察

リーダーとして運用する場合、リーダースキル発動条件である同時消しをコンスタントに満たすためには、「一度に消せるぷよ数をn個増やす」リダスキ・スキルがあると便利。
童話シリーズサタン&カーバンクルなどが該当する。

サブとして運用する場合、多色でも単色でも活躍出来る上、攻撃と回復を同時にこなす汎用性の高さがウリとなる。
また、副属性に赤を持つ点を活かし、くろいシグorあかいアミティ共々、マルスのスキルで強化出来る点は見逃せないポイント。

評価

リーダースキルこそ癖が強く玄人向けだが、スキル、コンビ共に非常に汎用性が高く、扱いやすいカード。
リーダースキル発動を意識すれば自ずと攻撃倍率が乗算されるという点も評価できる。

分離同時消しが得意なプレイヤーであれば、☆6でも高火力を出すことができ、見た目の攻撃倍率が高いフェスキャラを3連鎖程度で運用するよりも遥かに高倍率なので、ロマンを見出したい方にはオススメかもしれない。