カード能力解説 > はりきるドラコ

はりきるドラコ

レア度 ☆6~7
カードタイプ こうげきタイプ・単体
Lスキル能力 味方全体の体力を2.5倍
12個以上のぷよを同時に消すと 味方全体の攻撃力が4倍になる
スキル能力 フィールド上の色ぷよとハートBOXを、赤、黄、緑、青、紫ぷよ及びハートBOXに変化させる
Bスキル能力 なし
コスト量 超特大(48)
変身合成 なし

概要

2016年7月末のぷよフェスにて期間限定で登場。

スキルレベルを上げるには同キャラ同士で合成をおこなうか、紫の秘伝書を合成する必要がある。
亜種キャラ(例えば通常のドラコ)では合成してもスキルレベルは上がらない。

2018/3/23に☆7が解禁された。

ステータス

☆6レベルMAXで体力4232、攻撃2389、回復181。
☆7レベルMAXで体力6242、攻撃3822、回復222。

リーダースキル

☆6では味方全体の体力を2.5倍にし、12個以上のぷよを同時に消すと 味方全体の攻撃力が4倍になる。
体力アップ効果は2017/10/27の上方修正で追加された。
☆7では味方全体の体力を3.2倍にし、8個以上のぷよを同時に消すと味方全体の攻撃力が4.5倍。
☆7ごほうびでは味方全体の体力を2.5倍にし、12個以上のぷよを同時に消すと味方全体の攻撃力が5倍。

ダメージの計算式は悪魔シリーズやきいろいサタン、レガムントと同じで、条件を満たすと連鎖ダメージ計算後の最終的なダメージが4倍となる。
通常攻撃のほかに、スキルによるぷよ消しや大連鎖チャンス中の12個以上同時消しでもこのリーダースキルは発動する。
おじゃまぷよやプリズムボールを巻き込んで12個以上同時に消しても発動する。

スキル

☆6ではフィールド上の色ぷよとハートBOXを、上の段から横一列に赤、黄、緑、青、紫ぷよ及びハートBOX各8個に変化させる。
必要ぷよ消し数は40個。
☆7ではフィールド上の色ぷよとハートBOXを、 赤ぷよ、黄ぷよ、緑ぷよ、青ぷよ、 紫ぷよ、プリズムボールに変化させる。
ラフィソルと同じスキル。
必要ぷよ消し数は40個。
☆7ごほうびでは、スキル自体は☆6に戻るが、ぷよ消し数が35個と減少する。

スキル発動後、フィールド上のぷよが1段ごとに同じ色のぷよ8個(ハートBOX)になるため、
5色の合計40個同時消し、ハートBOX8個分の回復、全消しによるハートBOX1個分の回復が確定する。
この40個同時消し以外にぷよが消えなかった場合、全カードに攻撃力の11.8倍のダメージが発生する。
おじゃまぷよが無い場合、かわったエコロよりもダメージ量は多い。

ただし、おじゃまぷよとプリズムボールはそのままのため、それらが場に大量にある場合ほとんどぷよが消えないことに注意。
少量の場合は他のぷよに巻き込まれて消えるため、それほど気にする必要もないだろう。

ちなみに場のチャンスぷよはハートBOXに変化する最下段のもの以外は消滅しない。

また、ミッションの「○○色同時消しでフィニッシュ」を満たすこともできる。

コンビネーション

「初代メンバー」「ガールズ」「つの」「はばたき」が乗る。本家ドラコと同じ。
ちなみにフェスキャラの例に漏れず本家と別キャラ扱いになっている(本家ドラコと組んでも両方にコンビネーションが乗る)。
本家ドラコ自体が非常に汎用性の高いコンビネーションを持つため、それに類する本カードもコンビネーションには困らないであろう。

デッキ考察

リーダーとして運用する場合、リーダースキル発動条件である12個同時消しをコンスタントに満たすためには、半ば童話のスキル発動が必須である。
つまり、半ばスキル発動を前提として発揮される火力であるため、開幕から瞬発力が求められる場面には向いておらず、どちらかと言うと道中では火力を落とし、ボス戦でスキルを使い超火力を発揮する場面に向いている。

サブとして運用する場合、多色でも単色でも活躍出来る上、攻撃と回復を同時にこなす汎用性の高さがウリとなる。
また、副属性に赤を持つ点を活かし、くろいシグorあかいアミティ共々、マルスのスキルで強化出来る点は見逃せないポイントだ。

評価

リーダースキルこそ癖が強いものの、スキル、コンビ共に非常に汎用性が高く、扱いやすいカード。
もし入手出来れば、あらゆる局面で張り切った活躍をしてくれる事だろう。