カード能力解説 > 戦乙女ダークアルル系

戦乙女ダークアルル 伝道師りすくま

レア度 ☆6〜☆7
カードタイプ こうげきタイプ・単体
スキル能力 フィールド上のすべての色ぷよを自属性ぷよにし、その後の盤面にプリズムボールを□個生成する
Bスキル能力 なし
Lスキル能力 自属性カードが1枚増えるごとに自属性の攻撃力倍率にn倍プラス・体力倍率にm倍プラス
コスト量 超特大(48、60)
変身合成 なし

概要

戦乙女ダークアルルは2017年1月の初売りガチャで登場。
伝道師りすくまは2017年8月の愛の伝道師ガチャで登場。

戦乙女ダークアルルは2019年2月12日より、
伝道師りすくまは2019年4月12日より、★7へんしんが解放されてる。

ステータス

キャラクター たいりょく こうげき かいふく
戦乙女ダークアルル(☆6) 4246 2442 150
戦乙女ダークアルル(☆7) 6263 3907 302
伝道師りすくま(☆6) 4310 2393 150
伝道師りすくま(☆7) 6357 3829 302
☆6では、ぷよフェス限定キャラ、かつこうげきタイプの主流であるあかいアミティ・くろいシグと比べてたいりょく・こうげきが若干上回っている。
  1. 300状態で副属性を含めた計算では全カード中トップの攻撃力を誇る。
代償としてかいふくは☆6・☆7のどちらもあらゆるぷよフェスキャラと比較しても非常に低い。
☆7で、うるわしのルルーの274を上回ってるぐらいか。

★7になると攻撃力は逆に、あかいアミティ・くろいシグらのあちらに100以上抜かれてしまう。

スキル

フィールド上のすべての色ぷよを自属性ぷよにし、
連鎖終了後の盤面にプリズムボールを□個生成する。
プリズムボールの生成数は☆6で8個、☆7で12個となっている。

プリズムボールとなるのは自属性以外から選ばれる。
必要ぷよ消し数はどちらのレアリティも40個。

うるわしのルルーの他色版。かつては大幅な上位互換でもあったが、うるわしのルルーに上方修正が入ったため、プリズムボールの差は1個だけになっている。(☆7の場合はどちらも12個で並ぶ)
サブで使う場合はデッキに応じて使い分けても問題ないだろう。


リーダースキル

自属性カードが1枚増えるごとに自属性の攻撃力倍率にn倍プラス・体力倍率にm倍プラス。
☆6で攻撃力倍率に0.5倍プラス・体力倍率に0.35倍プラス
☆7で攻撃力倍率に0.7倍プラス、体力倍率に0.45倍プラス

☆6の場合、ひとりでクエストではサポーターを含め、最大で攻撃力3.5倍、体力2.75倍
☆7の場合は最大で攻撃力4.5倍、体力3.25倍となる。

マルチプレイ、テクニカル、みんなとバトル等の場に出るカードが少ない場所では最大限に活かせない事に注意。

コンビネーション


カード詳細を参照

デッキ考察



評価



各カード詳細

戦乙女ダークアルル
「ガールズ」「ナゾ多き」「ボス!?」「はばたき」「トラベラー」を持つ。

伝道師りすくま
「すずらん」「ナゾ多き」「にくきゅう」「どうぶつ」「はばたき」を持つ。
なぜ2体とも対応コンビが多いのだろうか。