カード能力解説 > うすやみのDGアルル

うすやみのDGアルル

レア度 ☆6
カードタイプ バランスタイプ・単体
スキル能力 フィールド内の好きな場所のぷよを5個までPBにぬりかえる
Lスキル能力 味方全体の体力を3倍にし、さらに2属性以上の同時攻撃で1属性につき攻撃倍率に0.8倍プラス(最大4.2倍)
Bスキル能力 なし
コスト量 48


概要

2018年3月初旬のぷよフェスにて登場。
DGはドッペルゲンガーの略。


ステータス

☆6MAXで体力4128、攻撃2254、回復753。

スキル

フィールド内の好きな場所のぷよを5個までプリズムボールにぬりかえる
必要ぷよ消し数は30個。

星の魔導師シリーズのプリズムボール版と言える。
これから消すつもりのぷよの周囲に置くだけでもダメージ増加が見込める。自身のリーダースキルとも相性が良い。
このカードをリーダーに置く場合、一気に消える配置ではなく数ターンに亘り消せる位置に作成する手もある。


リーダースキル

味方全体の体力を3倍にし、さらに2属性以上の同時攻撃で1属性につき攻撃倍率に0.8倍プラス(最大4.2倍)
攻撃力上昇のリーダースキルとしては最高峰の倍率を誇る。
通常攻撃に限らず、ぷよ消しを伴わないスキルや追撃など、あらゆる攻撃で発動する。

ただし、最大倍率を出すためには単にデッキに5色揃えるだけでなく、5色で攻撃する必要がある。
常に5色のぷよを消すというのはなかなか難しく、盤面上不可能な場合も少なくない。
ぷよ消し力に自信のある上級者向けのリーダースキルと言える。
とはいえ、3色(2.6倍)や4色(3.4倍)まででも十分フェス級の攻撃力はあると言えるが。

スキルのプリズムボール生成と相性は良く、5色デッキでプリズムボールを消すだけで4.2倍の火力を出すことが可能。
また大連鎖チャンスに自信があるならチャンスぷよでも5色攻撃ができる。
プリズムボール生成やチャンスぷよ生成のカードとは相性がいいと言えるだろう。

ちなみに、夏祭りケルビィ系南国鳥人シリーズで攻撃属性を変化させた場合、変化前の属性も同時攻撃としてカウントされる。


コンビネーション

「ナゾ多き」「ボス!?」「ガールズ」

デッキ考察

実質的に5色必須にはなるものの、上手く攻撃できた場合の攻撃力は随一。
このカードをリーダーに置くのであれば、どうやって最高倍率を維持するかを考える必要がある。

前述の通り、プリズムボール生成やチャンスぷよ生成のカードとは相性がいい。
これらのカードはデッキに入れておくと安定しやすいだろう。

リーダースキル発動条件とスキルの発動条件が重なるローザッテと組むのも良い。
くろいシグ系のエンハンスとも重ねれば莫大な攻撃力上昇が見込める。

自身のスキルを安定して使用するのであれば、疑似赤単デッキも有効。
ミヤビあかいアミティうるわしのルルー等と組む事で
プリズムボール生成、チャンスぷよ生成、エンハンス、スキル加速と隙の少ないデッキが出来上がるだろう。


評価



余談