カード能力解説 > 天騎士シリーズ

マルス ユーリ ハルトマン エミリア ヴィオラ
レア度 ☆4~7
カードタイプ バランスタイプ・単体
スキル能力 nターンの間、同属性のカードがどの色のぷよを消しても攻撃する(通常攻撃のみ)
Lスキル能力 同属性のカードの連鎖補正が通常攻撃のみn倍になる。☆6以上ではさらに同属性の体力をm倍
コスト量 超特大(14,20,40)
変身合成 ☆4→☆5:ぷよアイス☆4、☆4、☆5、☆5、魔導書☆5
☆5→☆6:ぷよアイス☆5、【☆5】、☆6、【☆6】、魔導書☆6
※【】は副属性色。その他は主属性の色。

解説

マルチプレイ正式リリースと同時に登場した。☆6になると副属性が付与される初めてのシリーズ。
今回は公式ページで正式シリーズ名をはじめから出している。
また、公式ページのキャラ説明も普段以上に詳しい。

約2年間、ガチャ実施時の表記上の理由で、初実装から再販が一度もされず幻のカードと言われ、
リーダースキル・スキルともに上位互換カードも出ており再販は厳しいものと思われていた。
しかし再販を望む声は多く、2017年12月に約2年ぶりにガチャに再登場した。
再登場に伴い、スキルやリーダースキルも上方修正された。
2016/12/22よりボイスが実装された。
2018/1/11より☆7が実装された。

ステータス

最大の特徴は初の副属性付加カードであること。
副属性については副属性のページを参考。

ステータス

+☆6 Lv99
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
マルス 3226 1914 552
ユーリ 3179 1877 629
ハルトマン 3273 1839 569
エミリア 3226 1839 629
ヴィオラ 3179 1914 569
+☆7 Lv120
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
マルス 4839 2776 746
ユーリ 4769 2722 849
ハルトマン 4910 2667 768
エミリア 4839 2667 849
ヴィオラ 4769 2776 768

☆6MAXで体力3226(±47)/攻撃1877(+37/-38)/回復569(+60/-17)、
☆7Lv120で体力4839(+71/-70)/攻撃2722(+54/-55)/回復768(+81/-22)。
同じくバランスタイプのあやしいクルークより攻撃が200程高いが他は低めであり、にも関わらずデッキコストは12も高い。
単純なステータス値だけでなく、副属性の分までデッキコストに加味されているのだと思われる。

このことは副属性が付かない☆4、☆5では、あやしいクルークとデッキコストが等しいことからも伺える。

デッキコストはあの「剣士アミティ」より重く設定されており、5名出そろった段階でのキャラカード中では「くろいシグ」の48に次ぐコストを持つ。

スキル

レアリティ 効果 ぷよ数
☆4 1ターンの間、自属性カードのみどの色の連鎖でも攻撃するようになる(通常攻撃のみ) 55
☆5 2ターンの間、自属性カードのみどの色の連鎖でも攻撃するようになる(通常攻撃のみ)
☆6 3ターンの間、自属性カードのみどの色の連鎖でも攻撃するようになる(通常攻撃のみ)
☆7 3ターンの間、自属性カードのみどの色の連鎖でも攻撃するようになる(通常攻撃のみ) 50
とっくん 1ターンの間、全カードがどの色の連鎖でも攻撃するようになる(通常攻撃のみ) 45

通常攻撃のみ、同属性のカードがどの色のぷよを消しても攻撃できるようになる(ワイルド状態)。
効果は魔界シリーズの上位互換で、魔人シリーズと同一。
2017年12月の上方修正以前は、必要ぷよ消し数が60個と唯一にして最多であった。

副属性持ちの他カードも対象となる。例えばマルス(赤黄)で赤のカードをワイルド状態にした場合、ハルトマン(緑赤)も対象。
多属性デッキに投入する場合も、単なる色合せでなく、2~3枚を含めるように工夫すると良い。

リーダーとして使わない場合は魔界シリーズのスキルと同じく、
大連鎖チャンスの全消しや、童話シリーズのスキルを使って複数色の同時消しを狙うのが基本的な使い方となるだろう。
やみくもに消してもぷよ消し数55個に見合った大ダメージにはならないため、上級者向けのスキルといえる。
下記のデッキ考察にもあるように、このスキルを最大限に生かすには他にレアなカードが多数必要なのも難点である。

リーダーとして使う場合も上記の戦略は有効だが、1連鎖目が弱いというこのリーダースキルの仕様上、
相当の大連鎖を作らないと童話やボスといった一般的な攻撃力アップ系リーダー時の総ダメージに勝てないのが現状である。

とっくんで得られるごほうびスキルはレガムントと同じ。

リーダースキル

レアリティ 効果
☆4~5 通常攻撃時のみ、自属性カードが連鎖したときの連鎖数に応じた攻撃力増幅効果を3倍にする
☆6 自属性カードの体力を2倍にし、
通常攻撃時のみ、自属性カードが連鎖したときの連鎖数に応じた攻撃力増幅効果を4倍にする
☆7 自属性カードの体力を2.4倍にし、
通常攻撃時のみ、自属性カードが連鎖したときの連鎖数に応じた攻撃力増幅効果を4倍にする
とっくん 自属性カードの体力を2.4倍、攻撃力を2.2倍にし、
通常攻撃時のみ、赤属性カードが連鎖したときの連鎖数に応じた攻撃力増幅効果を2倍にする

主属性と同色のカードの通常攻撃の連鎖補正がn倍になる。☆6以上では体力も増加する。
なお、魔導剣士シリーズは連鎖補正5倍で上位互換となる。

連鎖補正時の攻撃力倍率一覧
連鎖数→ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
倍率補正前→ 1.0 1.4 1.7 2.0 2.2 2.4 2.6 2.8 3.0 3.2 3.4 3.6 3.8
連鎖補正4倍→ 1.0 2.6 3.8 5.0 5.8 6.6 7.4 8.2 9.0 9.8 10.6 11.4 12.2
連鎖補正2倍×攻撃2.2倍→ 2.2 3.96 5.28 6.6 7.48 8.36 9.24 10.12 11 11.88 12.76 13.64 14.52
(参考)攻撃2.5倍 (童話など)→ 2.5 3.5 4.3 5.0 5.5 6.0 6.5 7.0 7.5 8.0 8.5 9.0 9.5
(参考)攻撃3倍 (ボス!?など)→ 3.0 4.2 5.1 6.0 6.6 7.2 7.8 8.4 9.0 9.6 10.2 10.8 11.4
※童話及びボス!?倍率補正後の数値は、補正式「ダメージの合計*2.5」「ダメージの合計*3」を連鎖倍率補正に換算した場合のもの。

余談だが、説明文に忠実に解釈すれば、上記どおり4連鎖の攻撃力は(1.0+1.0*4)=5.0倍になるが、「ファミ通app」では井上Dは「4連鎖で8倍になる」と間違った説明をしていた。(記事の翌日に訂正)
 おそらく(1.0+1.0)*4=8倍と計算したのであろうが、この式で倍率を計算すると1連鎖で威力4倍・2連鎖で威力5.6倍という、ボス!?も真っ青のぶっ壊れスキルということになってしまう。

剣士アミティら魔導剣士シリーズにも言えることだが、このカードによる連鎖補正は、たとえば3連鎖ならば「ダメージの合計*3.8」ではなく、「1連鎖目のダメージ*1.0+2連鎖目のダメージ*2.6+3連鎖目のダメージ*3.8」となる。
そのため、「最終的に何連鎖したか」でなく「何連鎖目に自色ぷよを消したか」が最終ダメージに影響する。

このリーダースキルの効果は乗算されるため、リーダーとサポート共に同色の☆6天騎士を使った場合、連鎖補正は16倍となる。
ただ、この場合でも1連鎖目の攻撃力倍率は1.0倍であるため、大ダメージを与えるには2連鎖目以降に自色ぷよを消すなどの高度なプレイングが要求される。

当然ながら連鎖が組めなければ意味がない。プレイヤーの腕や盤面に大きく左右されるのが欠点。

コンビネーション

このシリーズ共通のコンビネーションとして「天空」があり、
(当初はシリーズ専用の「天騎士」だったが、「天空」を持ったフェイ登場の時期までには変更された)
絵柄の通り全員☆5から「はばたき」が乗る。
その他の詳細は各カードを参照。

デッキ考察

スキル・Lスキル共に単色向けなので、運営が勧めている通り、単色デッキで組もう。
通常攻撃に特化しているため、魔導剣士シリーズ同様、漁師・童話などの通常攻撃に適応したカードと組むと良いだろう。もちろん魔導剣士シリーズと組むのも手。
また、チャンスぷよを生成するシリーズのキャラクターもおすすめ。連鎖のタネでの威力もこのカードのLスキルなら十分な火力が出る。
リーダーとして起用する場合、ボス!?や魔導学校等の攻撃スキルには天騎士のLスキルの倍率がかからない点に注意。

ちなみに、先述のファミ通appでの運営レポートによると、おすすめデッキは、
「天騎士・童話・漁師・すずらん+α・チャンスぷよ生成・天騎士」。
☆6時にぷよP必須のすずらん+α(場合によってはぷよぷよ~ん・なぞぷよ組)に特定ガチャ限定の童話、ひいては地味に全色を揃えにくい漁師と、なかなかの入手難度である。
ただ、実用性も確かなものであるため、一部の上級者からのモデルにもなっているようだ。

評価

リーダースキルを活かすにあたって、5連鎖以上での特定色ぷよ消しを連続して行うのは至難の業。
ボス!?のように体力値には影響されないものの、プレイヤーの腕と盤面の運が大きく絡むことを考えると、安定して高威力を出すことは難しい。
逆に、火力をある程度自身で調節することもできる点は、どのリーダースキルにも劣らない利点である。

スキルが非常に重いため、高難易度の収集クエ・特殊素材探しのような5ステージしかないクエストでは、無いものと思って連れていくのが前提。
どちらかというと、とこクエやギルイベといった長期戦で活躍が見込めるカードといえる。

また、リーダーで使用した際「盤面に直接影響を与えるスキル」を持つカードが、ガチャ限定やぷよPカードに若干偏っている傾向にある。というより、初代・魔導などの定番カード群がリーダースキルの連鎖補正効果対象にならない点が大きく影響しており、結果的にデッキ構築が難しいのが現状。

なかなかトリッキーで扱いが難しいカードであるが、育成して使いこなせればかなり強力なカードだ。

各カード考察

マルス
2015/10/19の天騎士ガチャで登場。「天空」「ボーイズ」「はばたき」が乗る。「あっちっち」は除外。
手にしているのは槍。

ユーリ
2015/11/16の天騎士ガチャで登場。「天空」「ボーイズ」「はばたき」「剣士」が乗る。

ハルトマン
2015/12/25の天騎士ガチャで登場。「天空」「ボーイズ」「はばたき」「剣士」が乗る。

エミリア
2016/01/11の天騎士ガチャで登場。「天空」「ガールズ」「はばたき」が乗る。
手にしているのは斧。

ヴィオラ
2016/01/25の天騎士ガチャで登場。「天空」「ガールズ」「はばたき」が乗る。
手にしているのは矛。