カード能力解説 > 戦乙女アルル

戦乙女アルル

レア度 ☆6〜7
カードタイプ こうげきタイプ・単体
Lスキル能力 味方全体の黄属性の攻撃力がn倍、体力がm倍になる
スキル能力 フィールド上のすべての色ぷよをきいろぷよにする
Bスキル能力 なし
コスト量 48,60
へんしん合成 ☆7へんしんボード

概要

2016年1月の初売りガチャにて期間限定で登場。
当時、剣士アミティに次ぐ 特大 クラスのコスト (34) を持つカードであった。
ガチャ実施時の表記の問題 *1 により、2年あまりにわたって再登場していない幻のカードとなっていたが、
2018年2月5日にぷよフェスピックアップガチャとして再登場。名実ともにぷよフェス限定カードとなった。
同時に、コストが「34」からぷよフェス限定と同じ「48」に修正された。
さらに、ステータスやリーダースキルの修正と、フェス限として初めての☆7が実装された。

ステータス

☆6レベル99では、体力4037、攻撃3061、回復303、
☆7レベル120では、体力5955、攻撃4897、回復371。
☆6では目覚めし力シリーズによく似たステータス。
副属性がない分攻撃の値がずば抜けており、黄属性の☆6ではきいろいあやしいクルークをわずかに上回りトップの値。
体力はわずかに低く、回復は少し高いが、いずれもたいした差ではない。

2018年2月の上方修正前の初期ステータスは体力2517、攻撃1512、回復156、
レベルMAXでは体力3987、攻撃2296、回復303であった。
当時も黄属性ではダントツのトップであったが、2016年5月29日に登場したにゃんこのラフィーナに抜かれてしまっていた。

リーダースキル

レアリティ 効果
☆6 黄属性の攻撃力が3.5倍、体力が2.5倍になる
☆7 黄属性の攻撃力が4.5倍、体力が3.2倍になる
シンプルで強力なリーダースキル。黄色単色で編成するだけで強力な火力が得られる。
枚数にかかわらず倍率が一定である点がメリット。バトルやマルチにも使用できる。
☆7における「4.5倍」という倍率は全カードの中でもぶっちぎりの値である。
実装時点で、☆7を作るために必要な高いハードルに見合う性能となっている。

2018年2月の上方修正前は「攻撃力が2.5倍・体力が1.5倍」であった。

スキル

レアリティ 効果 ぷよ数
☆6 フィールド上のすべての色ぷよを黄ぷよに変換する。 40
☆7 30
「色ぷよ」にはハートボックス・プリズムボールやおじゃまぷよ・固ぷよは含まれない。

初代シリーズの☆5~6(1色残して自色に変換する)の上位互換であり、さらに☆6においてもぷよ消し数が10個少ない。
単色スタイルに特化しているため、黄単色デッキで使用することで最大限に活用できるだろう。
☆7のぷよ消し数30個はとんでもない値だが、早すぎて攻撃力アップなど他のスキルと同時にためられないため、ダメージ要員として思うように扱うのは難しいと思われる。
おじゃまぷよ処理やフィールドリセットとして使うならばとてつもなく強力である。

基本的な運用については初代シリーズ(☆5~7)とほぼ同じなのでそちらを参照。
ダメージ計算式も初代砲と同じで、同時消し係数が2倍になっている。
このスキルによって黄ぷよを48個同時消ししてその後に何も消えなかった場合、攻撃力の14.2倍のダメージが発生する計算となる。
必然的に全消しを誘発するため、全消しによる回復効果を得られやすい事も長所。

スキルレベルを上げるには戦乙女アルル同士で合成をおこなうか、紫の秘伝書を合成する必要がある。

余談だが、スキルに対応したボイスが初めから実装されている。

コンビネーション

本家と同じく「ガールズ」「初代メンバー」「ヒロイン」が確認されている。
加えて「はばたき」も所有している。

ちなみに本家アルルと別キャラ扱いになっている(本家アルルと組んでも両方にコンビネーションが乗る)。

とっくんボード

まんざいデモ追加:なし
段階 内容 必要野菜
7 麻痺耐性 イチゴ(60) ナスビ(6) アスパラ(6) トウガラシ(12) ピタヤ(4)
8
選択式
たいりょくアップ +500 イチゴ(2) ナスビ(2) アスパラ(10) ブロッコリー(3)
こうげきアップ +250 イチゴ(10) ナスビ(2) アスパラ(2) トウガラシ(3)
かいふくアップ +100 イチゴ(2) ナスビ(10) アスパラ(2) キャベツ(3)
15 属性ダメージ耐性(紫属性) +5.0%
16
選択式
たいりょくアップ +500 イチゴ(2) ナスビ(2) アスパラ(10) ブロッコリー(3)
こうげきアップ +250 イチゴ(10) ナスビ(2) アスパラ(2) トウガラシ(3)
かいふくアップ +100 イチゴ(2) ナスビ(10) アスパラ(2) キャベツ(3)
23 怯え耐性 イチゴ(60) ナスビ(6) アスパラ(6) トウガラシ(12) ピタヤ(4)
24
選択式
たいりょくアップ +500 イチゴ(2) ナスビ(2) アスパラ(10) ブロッコリー(3)
こうげきアップ +250 イチゴ(10) ナスビ(2) アスパラ(2) トウガラシ(3)
かいふくアップ +100 イチゴ(2) ナスビ(10) アスパラ(2) キャベツ(3)


デッキ考察

スキル・リーダースキルの手前、必然的に単色デッキでの起用がおすすめ。
リーダーとして使用する場合、単に黄属性カードを詰め込むだけでも強力なデッキを作れるが、
黄属性を強化するカード(漁師や追撃など)や童話シリーズと組み合わせる事で、その長所をより伸ばすことができるだろう。
倍率のかからない回復面を補うため、「フィーバー回復」や「きぐるみぃ」等も十分に選択肢に入る。

スタメンで使う場合は「初代」とほぼ同じ運用法になるだろう。
ぷよ消し数が少ないので、使う機会に恵まれやすいのが特徴。
リーダースキルや色ぷよすべてを変換する性質から本家ウィッチの立場が危うい・・・と思われがちだが、そのウィッチとは「初代」「ガールズ」が対応するためコンビを切らさず、かつ初代砲を2積みできるメリットがある。特にテクニカルマップでは同名カードが2枚以上使えないことを考えるとこの点でも恵まれていると言える。
なお前述のとおり本家アルルと別キャラ扱いになっているので、テクニカルマップでも本家アルルとデッキを組むことができる。

評価

スキル・リーダースキル・ステータスとどれをとっても非常に優秀であるため、もし入手できたなら最優先で強化するべきカード。
素直で使いやすい能力のため、リーダー・スタメンの両方で幅広い活躍が期待できるだろう。
コストに難があっても、多少枠を割いてでも入れる価値はある。

当時より非常に強力なカードではあったのだが、出現確率は低めの設定がされていた(ただし報告によると剣士アミティの初回ガチャよりは多少マシな模様)。
この事から入手は困難で、入手し辛い事が唯一にして最大の弱点であった。

コスト40超のカードとしては初めての☆7実装であり、☆7におけるステータス・リーダースキル・スキルのいずれも「ぶっ壊れ」と言ってもよいステータスである。
しかし、実装時点ではあまりに強すぎて、力を持て余してしまう可能性も高い。
同時に初登場したワイルドさん(50)は、実装時点では2枚(ぷよの日魔導石セールととことんの塔報酬)しか手に入らない。
つまり、☆7にするには、本カードが最低4枚は必要となる。ぷよフェス限定扱いであり、排出率は1%。
10連×10回ごとの確定枠は3回までで、最悪の場合4枚目の入手が青天井になる可能性もある。
無闇にガチャを引くことはせず使う金額をよく考えること。


余談

現在主流となっている、攻撃と体力の両方に倍率がかかるカードは本カードが先駆けである。
これまでのぷよクエはインフレを極力控えており、魔導学校シリーズ☆5~6の「同属性の攻撃力2倍」を基準に、
特定条件(体力MAX、2連鎖する、同属性カードを6枚デッキに含めるなど…)で攻撃力のみ2.5倍~3倍になるのが相場だった。
(例外として賢者シリーズの3.4倍があるが、当時は多色に使えるスキルがほとんどないという弱点により均衡が取れていた)
「同属性の攻撃力が常時2.5倍」「さらに体力も1.5倍にアップ」というのは初登場当時強烈なインパクトを残した。
不幸にも1ヶ月もしないうちにくろいシグが登場し、「攻撃、体力ともに3倍」を基準とした急激なインフレが進むことになるのだが…。
そして2年後、コスト48のカードとしては初めて☆7が実装されたことで、再びインフレの先陣を切ることとなったようである。