簡易カード紹介


2015年のリニューアルにより下記情報の一部が変更となっています。情報が更新されるまで、下記の説明を参照にしてください

簡易カード紹介(ぼうけんマップ進行用)

ぼうけんマップの5色のカギの神殿までを突破するには、自分のパーティを強力なカードを取りそろえたものにしていくことが一番の早道である。
ここでは各カードの特徴・使いやすさ・手に入れやすさなどを基準としたカードの簡単な紹介をしていこう。
シリーズ 赤属性 青属性 緑属性 黄属性 紫属性 タイプ レア度 特殊素材 使いやすさ
召喚ガチャで手に入るレアカード
魔導学校シリーズ アミティ シグ リデル ラフィーナ クルーク こうげきタイプ
単体
☆2~6 ☆5まで不要
☆6は必要
★★★★★
非常に高い火力、全体攻撃スキル、同色の攻撃力を高めるリーダースキルと
ぼうけんを進めるのにはうってつけのメンバー。
ぷよクエスタート時に左3人はどれか一つを入手可能で、
ラフィーナはエリア6、クルークはエリア12、他は三順目からボスドロップ可能。
さかなシリーズ すけとうだら ニジイルカ ふふふ さかな王子(魚) ブラックタイガー バランスタイプ
単体
☆2~6   不要 ★★★★★
☆4で獲得するリーダースキル・タフネスのお蔭でパーティの安定感が上昇する。
高い火力を持つボス対策としてはもっとも手っ取り早い。
本人たちの能力は割と晩成型なので、メインで使うときはしっかりと育成してやりたい。
ボスドロップは一巡目から可能。ニジイルカは妖精召喚で確実に入手できる。
フィーバーどうぶつシリーズ ほほうどり バルトアンデルス どんぐりガエル ぞう大魔王 ポポイ たいりょくタイプ
全体
☆2~6 ☆4まで不要
☆5・☆6で必要
★★★★★
☆4で入手できるリーダースキル・コンビネーション強化でパーティの能力を大幅に上昇できる。
パーティ全体がワンランク上のカード並みの能力を手にできるので、ぼうけんマップの早期攻略には欠かせない。
ただし彼らの育成と並行してコンビを組めるカード数枚の育成が必要。
本人たちの火力には期待できないが、攻撃力低下スキルは便利。
ボスドロップは二順目から。ぞう大魔王は妖精召喚で出せる。
精霊シリーズ サラマンダー ウンディーネ シルフ ノーム フラウ バランスタイプ
単体
☆2~6 不要 ★★★★★
コストの軽さと強力な状態異常スキルが強み。
それぞれのカードごとに使える状態異常の効果が異なるので、あらかじめよく確認しておこう。
特にウンディーネの怯えスキルは強力なボスを骨抜きにする恐ろしい効果を秘めている。
またフラウの毒スキルはぼうけん以外でもギルドイベントでのボス退治に有効。
彼らはボスドロップで入手することは不可能で、召喚ガチャでの登場を待つしかないのが残念なところ。
フィーバー回復シリーズ ゴゴット タルタル オトモ さかな王子(人間) ユウちゃん&レイくん かいふくタイプ
単体
☆2~6 ☆6で必要 ★★★★☆
初期のころは能力の低さが気になったが、
2013年10月頃に上方修正された後は低レベルでのステータスが非常に高い早熟型になった。
パーティの即戦力として、あるいはもしもの時のバックアップ役としての活躍が期待できる。
全員が妖精召喚で手に入るのがポイント。
どうぶつシリーズ さそりまん アウルベアー サムライモール ふたごのケットシー コカトリス こうげきタイプ
単体
☆2~5 ☆4まで不要
☆5は必要
★★★★☆
フィーバー主人公に次ぐ攻撃力の高さと、コストの軽さが自慢。
汎用戦士としての素質は十分。
固定ダメージスキルは☆3なら2~3順目あたりまでが有効範囲。
そこから先は☆4にしないと微妙。
ボスドロップは二順目から、ケットシーは妖精召喚でも入手可能。
とりシリーズ かめんいんこ すわん だちょうちょ ふくろう ぺんペンギン たいりょくタイプ
単体
☆2~4 不要 ★★★☆☆
得意色の相手の攻撃を封印するスキルは相手が合えば強力だが、汎用性は高くはない。
体力の高さを活かして着実にダメージを溜めていく戦い方を心がけたい。
ボスドロップは一巡目から可能。だちょうちょは妖精召喚あり。
やさいシリーズ バロメッツ パキスタ パンプキン おにおん ナスグレイブ たいりょくタイプ
単体
☆2~5 ☆5で必要 ★★★☆☆
体力が非常に高く、打たれ強さとコストの軽さは評価に値する。
スキルの全体攻撃の火力は控えめだが、チャージの速さを活かして雑魚掃討に使っていこう。
ボスドロップは五順目まで行かないと狙えないため、シナリオ上でパーティに組み込むのは難しめ。
ドラゴルンシリーズ フレイムドラゴルン アクアドラゴルン グリーンドラゴルン シャインドラゴルン ダークドラゴルン こうげきタイプ
単体
☆2~5 ☆3まで不要、4,5で必要 ★★☆☆☆
全体に固定ダメージを与えるスキルは雑魚掃討には優秀だが単体ボスには不向き。
ステータス成長も晩成型なので即戦力にはしにくい。
さらに高ランクへの育成には特殊素材が必須で、これがシナリオ段階での入手はかなりきつい代物である。
というわけで、ストーリーでメインで使っていくのには向いているとは言い難い。
カードをしっかり育成できる環境が整うのを待ってから育成を始めても遅くはないだろう。
ついでにボスドロップするのは五順目以降で、早期入手には召喚やシルバーチケットガチャに頼るしかない。(2013年12月以降、魔導石ガチャでは出なくなりました)
魔導石ガチャ限定だと思っていい(召喚ガチャではまず出ないor絶対に出ない)レアカード
初代シリーズ ルルー アルル ドラコケンタウロス ウィッチ シェゾ こうげきタイプ
単体
☆3~6 必要 ★★★★☆
最高クラスの攻撃力を所持し、ガンガン敵をなぎ倒していく頼れるエース。
スキルは貯まるのは遅いが、いざ発動すれば想像を絶する瞬間火力を発揮できる。
問題はランクアップに必要な魔導書や☆5ゼリーが特殊素材さがしの辛口以上でないと出ず、
これのクリアにはシナリオの五順目を突破できるクラスの力が必要なこと。
そのためぼうけん中の進化は絶望的だ。さらにステータス成長が晩成型なので初代シリーズのメリットである攻撃力の高さはすぐには見えない(それでも弱いわけでは決してない)
ちなみに彼らは召喚ガチャからは絶対に出てこない。(このことはぷよクエ前プロデューサーの高大輔も発言している)
SUNシリーズ キキーモラ セリリ ハーピー ミノタウロス ラグナス たいりょくタイプ
単体
☆3~6 ☆6で必要 ★★★★☆
得意色の相手の攻撃力を大きく下げるスキルを持ち、強力なボスの攻撃をいなすのに重要なカードとなる。
またリーダーにすると同色のカードのHPが増加するので、単色で固めれば滅多なことでは倒されなくなる。
チームの耐久力を大幅に増やせる強力なカードだ。ギルドイベントでも非常に役に立つ
ガチャ限定のため入手難易度が割と高めなのが残念。
新どうぶつシリーズ オサキ あしか うりぼう レモンキー チラビット バランスタイプ
単体
☆3~5 必要 ★★☆☆☆
瞬間的に大火力を出すスキルを持ち、一発逆転に強いカード。…だが初代シリーズの完全な劣化であり、必要ぷよ数も初代と同じである。HPも低いので運用は難しいかもしれない。
進化には特殊素材が必要なので、シナリオで使っていくときはそれなりの覚悟を。
まものガールズ リリン ラミア エムプーサ スフィンクス ゴルゴーン たいりょくタイプ
単体
☆3~5 必要 ★★☆☆☆
殴られたときにカウンターを行うスキルだが、自身が攻撃されないと反応してくれないため安定性はよろしくない。
能力値的にはSUNシリーズ並にはあるので、ガールズコンビやまものデッキの補強に入れ込んでおくといい。ステータス成長が早熟型なため、★5を引いたならば序盤で役に立つだろう。また、ギルドイベントで需要が出てくる可能性が高いので、現状使わない場合でも取っておくと良い
特殊素材が必須なのでやはり育成が難しい。
まものシリーズ スキュラ おおかみおとこ オークテ マミー まもの たいりょくタイプ
単体
☆3~5 必要 ★★★☆☆
同色のカードの攻撃を全体化するスキルを持つが、単体ボスには役に立たないのが難。逆に特殊素材や曜日素材などのボスが複数出てくるマップではこのスキルが非常に有用である。ステータスが早熟型なため、☆5を取ったなら序盤で役に立つだろう
その他 - - - 華麗なるぞう大魔王 - たいりょくタイプ
単体
☆3~4 不要 ★★★☆☆
もともとはイベントの特攻用のカード。
相手全員の攻撃を遅らせる疑似封印スキルが強力。
もし手に入ることがあったら使ってみるのも悪くない。
アーケード連動ガチャ限定だと思っていい(通常のガチャでは絶対に出ない)レアカード
ガーディアンシリーズ 火の門のカシ 水の門のスフ 森の門のシム 光の門のコル 闇の門のヨキ たいりょくタイプ
単体
☆3~5 必要 ★★★★☆
本人はとにかく体力バカで、火力や回復力は高くない。
自分が身代わりになって攻撃を75%カットしつつ敵からの攻撃を引き受けるという変わったスキルを持つ。
一部の状態異常を用いた戦法と相性がいいが、ぼうけんマップではあまりメジャーではないかもしれない。
どちらかというと大型ギルドイベント向けのカードだろう。
ケーキシリーズ ストロベリーナ アップルパイナ モンブラーナ フルーティーナ ショコラーナ かいふくタイプ
単体
☆3~5 必要 ★★★☆☆
他の追随を許さない驚異の低コストのカードで、デッキの回復力を手軽に高められる。
進化には特殊素材が必要だが、必須キャラというほどではないので無理して急いで進化させなくてもいい。(2013年12月以降、魔導石ガチャでは出なくなりました。現在はアーケード連動ガチャ限定。) 


情報提供お待ちしています!

  • ダメージ計算式の項目を新規ページに移動しました。 -- 名無しさん (2013-06-08 15:32:20)
  • 【ドロップするカードについて】の項目の最後の行にミスがありますので修正お願いします。 -- 名無しさん (2013-07-02 17:21:52)
  • 連コメすみません。先ほどのは、100%ロップする可能性~ のところです。 -- 名無しさん (2013-07-02 17:22:28)
  • 訂正しました -- 名無しさん (2013-07-08 01:17:16)
  • 全体コンビ強化推してたり雑魚合成勧めてたり色々情報が古い気がする -- 名無しさん (2013-09-19 14:51:16)
  • これから始める人にはまだ有効じゃね。歌姫やカーバンクル持ってない人だって多いしアルル系はガチャ限だし。 -- 名無しさん (2013-09-19 15:15:04)
  • 妖精報酬のケットシーや回復タイプはアプデで割と強化されてるから、ストーリー段階なら充分最後まで実用に耐えうるようになったと思う。 -- 名無しさん (2013-11-08 00:30:13)
  • あと、肝心の使用する主力カードの集め方もアドバイスがあった方がいいと思う。ボスドロップを効率よく狙うとか、昼の召喚ガチャ利用するとか、その辺。 -- 名無しさん (2013-11-08 00:34:50)
  • この項目もそろそろ更新しないといけないかなー。グレーン台地の挑戦時期とか、解る人はどんどん手を加えちゃってくださいな -- 名無しさん (2013-11-08 00:43:31)
  • ぼうけん四巡目までを視野に入れて、攻略にオススメなカードの性能解説を書いてみてる。かなり主観的なので、気づいたことがあったらどんどん直してくれると嬉しい。 -- 名無しさん (2013-11-11 00:21:03)
  • 系統別分類とダブってない? -- 名無しさん (2013-12-20 06:01:10)
  • で、シルバーチケットを温存して、いつ使えばいいんだい? -- 名無しさん (2014-01-15 11:24:13)
  • ↑五枚ぐらいまとめて使えば精神的には楽。被りや雑魚カードの場合はご察し -- 名無しさん (2014-01-16 14:52:10)
  • シルバーチケットはすぐ使っても同じだろ -- 名無しさん (2014-02-08 15:48:14)
  • 魔導学生のレア度が未だに5までのまんまだったのでその辺を中心に編集してみました。 -- 名無しさん (2014-02-18 18:30:40)
  • お言葉ですがケーキシリーズ☆5追加されました -- yume (2014-03-17 02:42:08)
  • 開幕のシルチケ温存しても…ということで試しに該当部分書き換えてみました。その他目についたところ適当に修正。カードの集め方は新しい段落作って記述するのが良さそうですね -- 名無しさん (2014-04-16 10:48:11)
  • 魔物ガールズは<<自分と同じ色のカード>> にもカウンター効果がかかるようになりましたので修正お願いします。 -- 名無しさん (2014-04-29 19:18:16)
  • チュートリアルの無料ガチャですが、2015/02/14現在☆4や☆5も出るようになっています。ほほうどり☆5やセリリ☆4を確認。 -- 名無しさん (2015-02-14 10:43:33)
  • 評価基準が -- 名無しさん (2015-05-16 00:07:12)
  • エリア37~42の攻略方法を書き加えました。 -- 名無しさん (2016-02-02 20:02:01)
  • 現在、大幅修正中です。 -- 名無しさん (2016-02-05 17:18:11)
  • マップだのエリアだの分かりにくいです…もう少し公式のタイトルに寄ってくれたほうが嬉しいです -- 名無しさん (2016-02-05 21:00:10)
  • 御三家ユニット(魔導学校シリーズ)と妖精ユニット(精霊シリーズ)はフレンドポイントを使うガシャ(フレンドガチャのこと)で手に入りやすくなってるようですね。特に、妖精ユニットは特別な素材はいらないようです。 -- うにゅほ (2017-05-27 00:25:33)
名前:
コメント: