カード能力解説 > きいろいサタン


きいろいサタン

レア度 ☆6~7
カードタイプ たいりょくタイプ・単体
スキル能力 5ターンの間、ターン終了後にこのカード以外のスキル発動数をスタメンの属性数分減少する
Lスキル能力 レアリティにより異なる
コスト量 超特大(48,60)
変身合成 なし

概要

2016年2月末のぷよフェスにて期間限定で登場。また、2月25日のぷよにこテレビでスキルとリーダースキルが発表された。また、ボイスは通常のサタンと異なる。さらに、連鎖ボイスも他キャラの「1、2、3」とは言わず、「カー、バン、クル、ちゃん~」と連鎖ボイスで言うカードである。
初登場時のぷよフェス期間中、このキャラが固定サポートとして設定された『おためしクエスト』が開催された。
おためしクエストでは先頭ではなくサポート、かつ相手が攻撃をしてこないカバルーンなので、
そのままではきいろいサタンのスキルボイスは聞けても連鎖ボイスは聞けないが、
デッキをカバルーンのみにして自爆すれば、先頭に出るので聞くことが可能になる。

2019年7月26日に☆7が実装され、リーダースキルが上方修正された。

ステータス

きいろいサタン★6 4993 1944 496
きいろいサタン★7 8488 2624 669
※どちらもレベルMAXのステータス値

スキル

レアリティ 効果 ぷよ数
☆6 5ターンの間、ターン終了後にこのカード以外の
スキル発動数をスタメンの属性数分減少する
35
☆7 25
とっくん 2ターンの間、味方全体を「封印」状態にし、
このカード以外を通常攻撃時のみ、どの色ぷよを消しても
スキル発動数が減るようにする
30

5色の場合、5ターンで25個分のチャージができる。
供給量自体は多いが、1ターンあたりの速度は5個で、☆6においては本人の発動数が35なので、チャージ速度は漁師や雅楽師と同等かやや劣る。
しかし、このカードは多色の難点である「消すぷよ色がバラバラでスキルが溜まりにくい」点をカバーできる為、漁師が使いにくい多色デッキで活躍できる。
副属性を活かした単色寄りの場合は漁師と併用して高速スキル溜めも可能。
★7になると、スキル発動数も25個に減少し、スキルレベルMAXなら20個にまで減るため、より高速スキル溜めに加速がかかる

とっくんスキルは
"2ターンの間、味方全体を「封印」状態にし、
このカード以外を通常攻撃時のみ、どの色ぷよを消しても
スキル発動数が減るようにする"

スキルを使用すると、味方全体に封印状態がかかってしまうが、きいろいサタンを除くキャラは通常攻撃時のみ、どの色ぷよを消してもスキルチャージができるという効果になっている

どの色ぷよでもスキルチャージができるため、例えば4個消し×3連鎖(12個)でも2ターンで24個のスキル溜めが可能

もちろん同時消しなどを巻き込めば、それだけスキル溜めも多くできる

ただし、このとっくんスキルは味方全体が2ターンの間、封印状態というリスクのせいで、1ターンで味方全体のスキル溜めが終わっても、2ターン目にスキル使うことができないという致命的な弱点も存在する

スキルチャージ系効果のスキルは味方が発動数を溜め終わったら即行でスキルを使えることが重要な中で、敢えてその魅力を殺してしまってるところはスキルチャージの速さと釣り合ってないのが残念。

また、味方全体に封印効果がかかってしまうため、大神官シリーズの状態異常解除スキルも使えないのも大きなマイナスである

一方でギルドイベントなどの単体ボス戦で、敵の次の攻撃までに3ターン以上の猶予があるような状況なら、このとっくんスキルは効果を発揮するかもしれない。

ただし、元のスキルはターン終了後のディレイアクションでスキルチャージも最大でもスタメンが5色揃って5個までのスキル発動数減少だが
その反面、ターンを無駄に消費してもスキル発動数は最低でも数個は減少するメリットとスキル効果は5ターンと長いのに対して

こちらのスキルの持続効果は2ターンしかないので、この2ターンの間にぷよ消しが1個もできないと厳しい側面もある。

特に最近のクエストコンテンツでは、なぞり消し数減少を攻撃として使う敵もいるので
ティルラの挑戦状の超極辛やとことんの塔の10Fボスのように、なぞり消し数が2〜3個まで減らされた状態では、とっくんスキルのスキルチャージ効果でもぷよ消しができない危険性があることも留意しておきたい。

ちなみに2体同時にこのスキル、またはとっくんスキルを発動した場合、効果は重複しない。


リーダースキル

レアリティ 効果
☆6 味方全体の体力を2.5倍にし、
さらに4属性以上の同時攻撃で味方全体の攻撃力を4倍にする
☆7 味方全体の体力を3.2倍にし、
さらに2属性以上の同時攻撃で1属性につき
攻撃倍率に1倍プラス(最大5倍)

2019年7月26日に☆6のリーダースキルが上方修正され、「通常攻撃のみ」の条件付きではなくなり、体力アップ効果が付与された。
以下、☆6時と☆7時の注意点を記す。

☆6:
攻撃力上昇の条件が『4属性以上の同時攻撃』であるため、副属性を含めてデッキに4属性以上ないと絶対に攻撃力が上昇しない。また、封印や麻痺で行動不能の場合はそもそも攻撃できないため、5色あっても2色抑えられるとバニラ化してしまうと致命的な弱点を持つ。

☆7:
☆6より攻撃力上昇の条件は緩くなっているものの、封印や麻痺で行動不能になっているカードが多い場合は攻撃力上昇の倍率が低くなりやすい点に注意。


以下の方法なら、攻撃力上昇の条件を比較的簡単に満たすことができる。

1.チャンスぷよを使い、大連鎖チャンスを成功させる。
おそらくこれが一番手軽だろうか。大連鎖チャンスは単体ではダメージソースとして期待しづらい欠点を抱えているが、リーダースキルでこれを大きく改善できるため、メインの火力として使っていけるようになる。狙うのが難しいが、4色×4個を一度に消せればチャンスぷよが確定で出るので、次のターンもリーダースキルの発動を狙っていける。

2.プリズムボールをぷよと一緒に巻き込んで消す。
プリズムボールを消した時点でリーダースキルが発動するのと、プリズムボール分の攻撃力がそこそこあるため、難しい大連鎖チャンスの種を引く可能性を考えて投入するのもいいだろう。賢者シリーズは多色デッキで使うリーダースキルを持つので噛み合いが良く、仙女シリーズはプリズムボールとチャンスぷよの両方から狙っていけるので悪くはない。
余談だが、登場当初はプリズムボールを巻き込んだ段階では発動せず、そこからさらにぷよを消さないと発動しない仕様だった。巻き込む時点ではまだプリズムボール分のダメージが反映されていないための挙動ゆえか。

3.天騎士シリーズのワイルド効果の付与。
天騎士シリーズのスキルは副属性にも働くため、スキル適用中は1連鎖目から発動し、特性上消せば消すほど大きなダメージを出せるため、このリーダースキルを最も有効に活用できる。
都合のいいことに天騎士・雅楽師は副属性が被らないおかげで、残りのスタメンに必要・足りないパーツを3枚追加できる。


コンビネーション

通常のサタンと同じく、「ボーイズ」・「初代メンバー」・「はばたき」・「ボス!?」・「つの」を所持。
通常のサタンでスキル上げができない為か別キャラ扱いなので、通常のサタンと組んでも両方にコンビネーションが乗る。

デッキ考察

スキル、リーダースキル共に多色デッキ向け。
特にくろいシグ系との相性は抜群・・・というか、現状多色デッキの強さはほぼくろいシグ系の強さと言い切れるため、裏を返せばくろいシグ系ありきのカードとも言える。特にくろいシグの場合、両者で見事に色がバラけていること(サブの必須色が紫だけになる)、そして編成次第では途切れないボーイズコンビネーションが狙えるのも大きい。
せめて本家同様バランスタイプであったのなら、くろいシグが無くとも、多色のもう一つの主流である伝説聖獣割合デッキに席を置けたのだが・・・。

リーダースキルを活かす方向で組む場合、先述の不安定さに加え、多色故に有利色ばかりでデッキを構成出来ないという欠点がある事には留意したい。
サブをエジプトやチャンスぷよ生成系で埋める事で、大連鎖チャンスときいろいサタンのスキルで4ターンで40加速できるので、毎ターン大連鎖チャンスを発動させ安定して最大20倍攻撃(サポートに☆7きいろいサタンを起用した場合)を維持する事は可能。
この方法における問題は、動き出すまでは自力でぷよを消すしかなく、最大20倍攻撃以外の動きに乏しい点。
賢者シリーズを2番手に据えておけば、プリズムボールでここぞというときに確実に高火力を出しつつ、自身がやられた後も火力の維持が可能なので相性がいい。自身との色被りがなく、かつボーイズのネロが一番お奨め。

評価

チート級の能力に副属性を備え、多色では貴重かつ優秀なブースター役として重要なポジションを占めるカード。
しかし、同時にくろいシグ系ありきの性能故に、活用できる人はこれら超レアキャラを双方引けた運の良い人(あるいは、引けるまでガチャれる相当なお金持ち)に限られる。
故に、くろいシグ系を持たない人が無理に課金してまで手に入れる価値があるかは微妙。