カード能力解説 > 呪騎士シリーズ

ヒルダ エルドゥール フリード ヴァハト マッペラ
レア度 ☆4~7
カードタイプ こうげきタイプ・単体
スキル能力 相手全体に自属性カードの攻撃力の合計のn倍で自属性攻撃を与えm%の確率で3ターン状態異常状態にする
Lスキル能力 自属性カードの体力をn倍、攻撃力をm倍にする
コスト量 大(14,20,40,52)
変身合成 ☆4→☆5:ぷよゼリー☆4,☆4,☆5,☆5,魔導書☆5
☆5→☆6:ぷよゼリー☆5,【☆5】,☆6,【☆6】,魔導書☆6
※【】は副属性色。その他は主属性の色。
CV: ヒルダ:河野 ひより
エルドゥール:荘司 勝也
フリード:宮本 悠丞
ヴァハト:水中 雅章
マッペラ:指出 毬亜

概要

2016/04/18からの呪騎士ガチャにて登場。
☆6になると副属性が付与される。
2017/3/15よりゴールドチケット以上から排出されるようになった (告知)。
2017/6/23のアップデートでボイスが追加。
2018/10/5のアップデートでヒルダの☆7実装を以て、全員が☆7となった。

ステータス

青のエルドゥールは体力3565、攻撃2059、回復204。
こうげきタイプとしては高い体力を持つ。

スキル

相手全体に自属性カードの攻撃力の合計のn倍で自属性攻撃を与え、m%の確率で3ターン状態異常にする。
攻撃は☆4~6が1倍、☆7が2倍。確率は☆4で50%、☆5で60%、☆6で70%、☆7で90%。
副属性色に対応した状態異常が相手に付与される。
赤のヒルダは「麻痺」、青のエルドゥールは「怒り」、緑のフリード「毒」、黄色のヴァハトは「怯え」、紫のマッペラは「混乱」。
ぷよ消し40個。
各状態異常の細かい仕様や、状態異常同士の相性については状態異常のページを参照。

属性ダメージは攻撃力の高いカードが多い単色デッキなら魔導学校シリーズのスキルのダメージを超える水準にもなるが、メインは状態異常効果の方であろう。
これまで単色デッキでは対応した一つの状態異常しか使えなかったが、このシリーズは初めての例外となる。
(その後雪国シリーズにより「怯え」が、いたずら妖精シリーズにより「混乱」スキルが全属性で利用可能となっている)

麻痺・混乱・毒はイベントの強敵が盾を付けている事が多く、使用機会が限られる。
エルドゥールの怒りも主属性が青なので、それならばカティアやウンディーネの怯えの方が使いやすい。
上級者プレイヤーが有効活用出来るのは主属性でカバー出来ず盾を持つ敵も少ない「怯え」を付加出来るヴァハトになる。
被ダメージ半減、攻撃力アップや攻撃回数増加と被らない与ダメージ2倍が入れば恩恵は大きい。
しかし、☆6の段階では状態異常の付与率・効果は精霊シリーズに劣り、70%を戦略に組み込むのは不安定な点に注意。

☆7のとっくんボードで獲得できる(+)スキルでは攻撃がなくなるが、相手全体に100%の確率で5ターンの状態異常を掛けられる。
元々は単体効果だったが、ヴァハトの☆7実装時に全体効果に上方修正された。
複数の敵を確実に状態異常にできるスキルは初であり、状態異常付加要員として戦略に組めるようになる。
さらに、攻撃扱いではないため、反射やカウンターの影響を受けない点もメリットがある。
汎用性に富む怯えを持つヴァハト、フェイニィと併用で麻痺チャージが狙えるヒルダ、昨今でのチャレンジ系のイベントの
高レベル激辛ボスに対して有効な毒を狙えるフリードは積極的に狙いたい。

リーダースキル

自属性カードの体力をn倍、攻撃力をm倍にする。
☆4~5は体力2倍、攻撃1.5倍。☆6は体力2.3倍、攻撃2倍。☆7では体力と攻撃を3倍。
☆7のとっくんボードで獲得できるSPリーダースキルでは、体力が3.5倍、攻撃力が2.5倍になる。
☆6の倍率は当初☆4~5と同じだったが、2017/08/04に上方調整された。

フェスカードや他の条件付き能力上昇リーダースキルに多数の上位互換が存在する。
上方修正前は攻撃の倍率が弱く、デッキのリーダーに置くには妥協が必要だったが、
現在はひとまず実用的な倍率となっており、リーダーとしても起用しやすくなった。
同様のリーダースキルのカードの手持ちが乏しいなら十分力になってくれるだろう。
☆7化では、フェスカード並みの倍率に迫り、主力級のリーダーカードとして運用できる。

コンビネーション

下記を参照。

デッキ考察

スキル、リーダースキル共に単色デッキ向け。
ステータスも割と高いほうなのでバトルやマルチの色合わせにも使える。
いずれもクセの無いスタンダードな性能なため、必須といえるカードも無く、汎用性に富む。

何気にバトルでは、副属性持ち+こうげきタイプである事から特にスタメン要員として利便性が高いシリーズ。
単色グループのスタメンも無論だが、「2色から1色増えるごとに攻撃倍率が上がる」リーダースキルを持つカードを
リーダーに据える場合、ボーイズ組はフリード+ヴァハトかエルドゥールのどちらか、ガールズ組のヒルダとマッペラで
4色を補う事が可能。前者ならくろいシグネロの場合はフリード+ヴァハト、セヴィリオならフリード+エルドゥール。
後者ならラフィソルやイザベラの恩恵をフルに受けられる。

評価

リーダースキルの上方調整により少し物足りないカードから相応のカードになった。更に☆7も実装された事により
単色or疑似単色デッキのリーダーとしての高い体力・攻撃倍率を誇るリーダースキルと、複数の相手に確実に通せる
状態異常付加スキルを得た事でより有力なカードへと変貌した。

チケットガチャからも出るという手に入りやすさと割と使いやすいカード性能もあり、他のフェスカードやレア副属性の
カードには真似できない立場を確立している。チケットでも手に入るカードの中ではバランスの取れたカードと言える。
通常クエストでの運用やこうげきタイプを見越してのバトル要員としての起用は無論の事、状態異常の仕様や副属性も
良く理解した上での運用を心がければ出番は更に増えるだろう。

各カード詳細

ヒルダ
「ガールズ」「剣士」を持つ。
愉悦の剣を装備して「笑いの沸点が低くなる呪い」にかかってしまった女騎士。
どこかで見たことあるようなピエロのようなパペットを連れている。
色が被らずにコンビネーションが組める「ラフィソル」との相性は抜群。


エルドゥール
「ボーイズ」を持つ。
憤怒の斧を装備して「言葉を発するのに時間が掛かる呪い」にかかってしまった騎士。
既視感のあるマグマのような模様のカタツムリを連れている。
設定を反映して連鎖ボイスも一つ遅れになっている(2連鎖で「1」、3連鎖で「2」等)。
色が被らずにコンビネーションが組める「ひらめきのクルーク」との相性は抜群。

フリード
「ボーイズ」「剣士」を持つ。
絶望の大剣を装備したため「語尾にピョン★と付く呪い」にかかってしまった騎士。
色が被らずコンビネーションが組める「くろいシグ」との相性は抜群。

ヴァハト
「ボーイズ」を持つ。
恐怖の槍を装備して「眠くなると耳元で虫の音がする呪い」にかかってしまった騎士。
なんと、連れているミノムシも成長する。ヴェアァァァァ!!
色が被らずにコンビネーションが組める「ひらめきのクルーク」との相性は抜群。

マッペラ
「ガールズ」「キノコ」を持つ。
破滅の槌を装備して「手がヌルヌルする呪い」にかかってしまった女騎士。
キノコの生えたスライムを連れている。
色が被らずコンビネーションが組める「あかいアミティ」との相性は抜群。