カード能力解説 > 呪騎士シリーズ

ヒルダ エルドゥール フリード ヴァハト マッペラ
レア度 ☆4~6
カードタイプ こうげきタイプ・単体
スキル能力 相手全体に自属性カードの攻撃力の合計で自属性攻撃を与え50~70%の確率で3ターン状態異常状態にする
Lスキル能力 自属性カードの体力を2倍、攻撃力を1.5倍にする
自属性カードの体力を2.3倍、攻撃力を2倍にする
コスト量 大(14,20,40)
変身合成 ☆4→☆5:ぷよゼリー☆4、☆4、☆5、☆5、☆5魔導書
☆5→☆6:ぷよゼリー☆5、【☆5】、☆6、【☆6】、☆6魔導書
※【】は副属性色。その他は主属性の色。
CV: ヒルダ:河野 ひより
エルドゥール:荘司 勝也
フリード:宮本 悠丞
ヴァハト:水中 雅章
マッペラ:指出 毬亜

概要

2016/04/18からの呪騎士ガチャにて登場。
☆6になると副属性が付与される。
2017/3/15よりゴールドチケット以上から排出されるようになった (告知)。
2017/6/23のアップデートでボイスが追加。

ステータス

青のエルドゥールは体力3565、攻撃2059、回復204。
こうげきタイプとしては高い体力を持つ。

スキル

相手全体に自属性カードの攻撃力の合計で自属性攻撃を与え、50~70%の確率で3ターン状態異常状態にする。
☆4~6で%が変動する。
副属性色に対応した状態異常が相手に付与される。
赤のヒルダは「麻痺」、青のエルドゥールは「怒り」、緑のフリード「毒」、黄色のヴァハトは「怯え」、紫のマッペラは「混乱」。
ぷよ消し40個。
各状態異常の細かい仕様や、状態異常同士の相性については状態異常のページを参照。

属性ダメージは攻撃力の高いカードが多い単色デッキなら魔導学校シリーズのスキルのダメージを超える水準にもなるが、メインは状態異常効果の方であろう。
これまで単色デッキでは対応した一つの状態異常しか使えなかったが、このシリーズは初めての例外となる。

状態異常の付与率・効果は精霊シリーズに劣り、70%を戦略に必須条件として組み込むのは心許ない。
麻痺・混乱・毒はイベントの強敵が盾を付けている事が多く、使用機会が限られる。
エルドゥールの怒りも主属性が青なので、それならばカティアやウンディーネの怯えの方が使いやすい。
従って、上級者プレイヤーが有効活用出来るのは主属性でカバー出来ず盾を持つ敵も少ないヴァハトの怯えのみと考えて良い。
被ダメージ半減、攻撃力アップや攻撃回数増加と被らない与ダメージ2倍が入れば恩恵は大きい。

リーダースキル

自属性カードの体力を2.2倍、攻撃力を2倍にする
☆4~6で共通。
元は体力を2倍、攻撃力を1.5倍だったが2017/08/04に上方調整された。

フェスカードや他の条件付き能力上昇リーダースキルと比べるとぱいまいちぱっとしないが
同属性を無条件で更に攻撃も体力もこの倍率というのはなかなかのもの。

コンビネーション

下記を参照。

デッキ考察

スキル、リーダースキル共に単色デッキ向け。
ステータスも割と高いほうなのでバトルやマルチの色合わせにも使える。
いずれもクセの無いスタンダードな性能なため、必須といえるカードも無い。

評価

リーダースキルの上方調整により少し物足りないカードから相応のカードになった。

チケットガチャからも出るという手に入りやすさと割と使いやすいカード性能もあって
他のフェスカードやレア副属性カードには真似できない立場を確立している。

攻撃面も体力面も状態異常スキルでも上のカードが存在するが、
無課金でも手に入るカードの中ではとてもバランスの取れたカードと言えるだろう。

各カード詳細

ヒルダ
「ガールズ」「剣士」を持つ。
愉悦の剣を装備して「笑いの沸点が低くなる呪い」にかかってしまった女騎士。
どこかで見たことあるようなピエロのようなパペットを連れている。


エルドゥール
「ボーイズ」を持つ。
憤怒の斧を装備して「言葉を発するのに時間が掛かる呪い」にかかってしまった騎士。
既視感のあるマグマのような模様のカタツムリを連れている。

フリード
「ボーイズ」「剣士」を持つ。
絶望の大剣を装備したため「語尾にピョン★と付く呪い」にかかってしまった騎士。
色が被らずコンビネーションが組める「くろいシグ」との相性は抜群。

ヴァハト
「ボーイズ」を持つ。
恐怖の槍を装備して「眠くなると耳元で虫の音がする呪い」にかかってしまった騎士。
なんと、連れているミノムシも成長する。ヴェアァァァァ!!

マッペラ
「ガールズ」「キノコ」を持つ。
破滅の槌を装備して「手がヌルヌルする呪い」にかかってしまった女騎士。
キノコの生えたスライムを連れている。
色が被らずコンビネーションが組める「あかいアミティ」との相性は抜群。