要注意武器と成長型


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それでは、対人戦で使われることの多い要注意武器について学んでいきましょう。

ACVの武器には武器成長というシステムがあります。オンラインプレイ時にショップで武器を買おうとすると成長型を選ぶという手順が入りますね。これが武器成長システムです。成長型を選んだ武器は、オンラインプレイ時にミッションに出撃することで、成長型に従って少しずつ性能が変化していきます。一定回数ミッションに出撃すると成長は止まり、武器の性能が固定されます。スキャンモードの重要性のページでも少し触れましたが、この成長型には「威力型・威力特化型・命中型・命中特化型・速射型・速射特化型」の6つがあります。同じ型番の武器であっても、違う成長型を選ぶと、全く性能の違う武器に変わっていきます。

この成長型をざっくばらんに説明すると、威力型は攻撃力と弾速が高くなり、リロードとロックオン時間が長く、そして武器の射撃安定率が低く(ばらけやすく)なります。碗部の射撃安定性とは違って、武器の射撃安定率は、弾の集弾率に関わるだけのパラメータです。命中型は、攻撃力が下がり、弾速と射撃安定率が高く、ロックオン時間とリロードが長くなります。速射特化型は攻撃力と弾速と射撃安定率が下がり、ロックオン時間とリロードが短くなります。特化型はそれぞれの変化分をより大きくしたものとイメージして下されば結構です。

この武器成長ですが、購入時のデフォルトと比べ、「最高で何%のパラメーター変化」というのが成長型によって決まっていますが、最高値が決まっている以外はその変化はランダムです。全てのパラメーターの伸びがランダムなので、必要なパラメーターがしっかり伸び、下がるパラメーターはあまり下がらないように、というのが理想なのですが、これは運次第です。つまり、全てのパラメーターが理想の値に成長するためには、武器を買って伸びが悪かったら売るという武器厳選をしなければなりません。場合によっては1000本武器を選別しても、納得の育成脳の武器が得られないこともあり、初心者のプレイヤーにはとても取り憑きにくいと思います。しかし、威力が1違っただけでダメージが激減してしまう可能性についてはACVの根幹「貫通と跳弾」で学びました。攻撃力が理想値の武器が必要なのに、厳選には時間と手間がかかる。

この問題を解決する方法が、ショップの新着パーツです。ここには既に他のプレイヤーが成長させきった武器を売っています。中には全てのパラメーターが非常にハイレベルで完成された武器も並んでいることがあります。この成長型を選んだ武器には、作成者がつけた武器の名前「銘」がついています。各要注意武器を解説していくと共に、ショップで見かけたときに買っておくべき良武器の銘も、記載したいと思います。