ACVの根幹「貫通と跳弾」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ACVでは今までのAC作品と違って跳弾という概念が追加されました。

武器を撃っているときに、カンカンという音を立てて弾が弾かれたことはありませんか?

あの現象が跳弾というものです。

では跳弾とは一体何なのか?

跳弾が起きたときのダメージは、跳弾しなかった(これを便宜上''貫通した''と呼ぶことにします)ときの約30%。武器が本来の火力を発揮したときと、跳弾してしまったときでは、実に火力に3倍以上もの差があるのです。

 

次に跳弾がどのような状況下で発生するのかを学びましょう。

結論からいってしまうと、答えは「攻撃対象の装甲値が、武器の攻撃力を上回ったとき」です。例を挙げて考えてみましょう。

攻撃力が1000のライフル、装甲値500のAC(a)、装甲値1000のAC(b)、装甲値1001のAC(c)があったとします。

このライフルを3体のACに当てて比べてみると、

装甲値500 (a)ではライフルは貫通します。 ダメージは900

装甲値1000 (b)でもライフルは貫通します。 ダメージは800

装甲値1001 (c)ではライフルは跳弾します。 ダメージは240

これはあくまで例ですが、装甲値と攻撃力の関係次第では、1違っただけでダメージがこんなにも違う結果となってしまいます。ですから、できるだけ相手を貫通できる武器を持ち、できるだけ多くの武器を跳弾できるAC作りが大切になってきます。

武器も単発の攻撃力が高いほど貫通できる装甲が高くなり、相手を選ばない戦い方ができますが、攻撃力が高いほどDPSが低く設定されています。DPSとはDamage per Secondの略で、「単位時間当たりに与えるダメージ量」を指します。逆を言うと、特定の相手しか貫通できない、単発の攻撃力の低い武器ほど、DPSが高く設定されていることが多く、「特定の相手しか倒せない代わりに、その相手だけはあっという間に倒せる」ようになっています。攻撃力の高い武器は、先ほども書いたとおり相手は選ばず戦えますが、代償として「誰と戦っても圧勝はしにくい。倒すのにも時間がかかる」という風になっています。

 

次に衝撃力について解説します。衝撃力と「装甲低下・硬直」のページへ進みましょう。